天然石の名前で検索

ポークストーン(豚肉石)

ポークストーン(豚肉石)とは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
皆様、ポークストーンはご存知ですか?

六方晶系の炭酸塩鉱物で方解石に分類されており、非常に希少な石として知られています。

名前を漢字に直すと豚肉石という、なんとも不思議な響きですが、その見た目はまるで豚バラ肉そのもので、知らずに見るとすっかり騙されてしまうほどです。

産地が限定されていて人目につかなかった、世にも珍しい奇石ですが、2009年に中国の湖北省武漢市で行なわれた中華奇石店でお目見えし、大きな話題となりました。

ポークストーンを形成する石は、コミュニケーション能力の向上の石の意味を持つパワーストーンとして人気があり、そのほか、ポークストーン独自の石の意味で財力アップといった効果も期待できます。

そんなポークストーンについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でポークストーン(豚肉石)を検索

ポークストーン(豚肉石)の豆知識天然石コラム

産地について

ポークストーンは、大理石や石灰岩の主成分にあたるカルサイト(方解石)の一種で、同じ成分の石は世界中で産出される、とてもポピュラーな鉱物として知られています。しかしながら、まるで豚肉のような模様を持つポークストーンは産出地が非常に限定的で、中国・広西省にあるチワン族自治区でのみ産出されます。近年では、採掘制限がかけられているため流通量が激減しており、希少性が極めて高い天然石となりました。

名前の由来について

ポークストーンの名前は、豚肉を思わせる特徴的な見た目を指してつけられました。現地では猪肉石と呼ばれていますが、中国でいう猪は豚のことを意味するため、内容としては同じことです。鉱物としての正式名称はカルサイト(方解石)で、英名も豚肉石という和名も流通名です。

ポークストーン(豚肉石)の見た目と輝きは?

ポークストーンの見た目は、前述の通り白と赤みがかった層が混在していて、断面がまるで豚バラ肉か厚切りベーコンのようになっています。白い部分はカルサイトの色合いで、間に挟まれている赤い部分は、カルサイトと化学式が同じながら、結晶の形が違う同質異像のアラゴナイト(霰石/あられいし)の色味が影響しています。アラゴナイトは黄色のものが有名ですが、含まれる不純物によって色合いが変わり、小ポークストーンについては酸化鉄やマンガンなどの不純物によって着色されており、人工的な着色が行なわれていないという珍しさから、奇石として人気を博しています。

台湾の国立故宮博物院に展示されていて、豚の角煮としか思えないと話題の肉形石(にくがたいし)も、ポークストーンと同じ石だとする意見がほとんどですが、肉形石は清時代の18世紀から19世紀に、玉髄(カルセドニー)の一種として知られる碧玉(ジャスパー)をもとに作られており、鉱石についていた縞模様を活かして、当時の染色技法や彫刻技術を使い丁寧に染めて形作り、中華の東坡肉のように仕上げられています。そのため両者は似て非なるもので、肉形石は石英質のカルセドニー、ポークストーンは炭酸カルシウムで組成されているカルサイトと、主成分の名前が似ていることからきている間違いではないかと思われます。

どんな効果が期待できる石なの?

ポークストーンは、もととなるカルサイトと同じ石の意味を持っており、前向きな行動へ導く、古い考えを捨てて新たな世界へチャレンジするといった、非常にポジティブな効果が期待できます。また、コミュニケーション能力の向上など、人間関係を円滑にする意味合いも込められており、人付き合いが苦手な方や新しい環境で周囲に馴染めない方におすすめの天然石です。

ポークストーン独自のものとしては、その特徴的な模様から、食べものに困らないという意味を込めて、財運や金運アップの意味を持っているとされています。

こんなアイテムに加工されています

ポークストーンは、アクセサリーとして加工されることはほとんどなく、原石のまま見た目を楽しんだり、層に合わせて削り、より肉のような見た目に近づけたりといった加工をされていることがほとんどです。しかしながら、しっかりと研磨し、六角柱などに成形すると色合いが非常に美しいため、インテリアやヒーリングストーンとして加工されることもあります。

ポークストーン(豚肉石)の基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:calcite/Pork Stone
和 名:方解石(ほうかいせき)/豚肉石(ぶたにくいし)
色 彩:白色に赤・黃・茶などの縞模様
石言葉:金運・財運アップ
原産地:中国・広西省チワン族自治区
組 成:CaCo₃
硬 度:3.0
比 重:2.71

ポークストーン(豚肉石)と組み合わせると良い石

ポークストーンは、原石で色合いを観察するか、置き石やヒーリングストーンとして使える形状にして用いることが多く、アクセサリーとして利用せず単体使用されることがほとんどです。そのため、他の石と組み合わせることはあまりありませんが、組みあわせて使用する場合はカルサイトと相性のよいものを選ぶと良いでしょう。
・ターコイズは「インスピレーションを高め、新たな世界へチャレンジする」
・カーネリアンは「気持ちを前向きにし、目標へと邁進する」
・ローズクオーツは「恋愛運が上昇し、良縁をもたらす」

ポークストーン(豚肉石)のヒーリング

・前向きな行動へ導く
・執着しない心を育む
・新たな世界へのチャレンジ
・古い考えの脱却
・コミュニケーション能力の向上
・人間関係の円滑化
・金運・財運の向上
・食べものに困らない

ポークストーン(豚肉石)の浄化・お手入れ

ポークストーンはカルサイトと同様、水分による変色の恐れがあるため浴水は避けたほうが良いでしょう。また、太陽光でも変色する可能性があるためなるべく避けたほうが良いでしょう。モース硬度が低く大変脆いため、取り扱いには注意が必要です。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   △
月光    ◎
浴水    ×

ポークストーン(豚肉石)のまとめ

ポークストーンは、あまりに不思議な模様から、世にも珍しい奇石として人気を博す天然石です。カルサイトとアラゴナイトという同質位像の鉱物が混在して描き出すその色合いはまるで豚肉のようで、食うに困らない、金運や財力がアップする縁起の良い石として愛されています。また、本来の石の意味も受けついでおり、コミュニケーション能力の向上などの人間関係を改善する意味や、前向きな行動へ導くポジティブな石としても知られています。現在、新しい環境で周囲に馴染めず悩んでいる方や、人間関係を円滑にしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ポークストーン(豚肉石)

© 2021