天然石の名前で検索

トレモライト

トレモライトとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

皆様、トレモライトはご存知ですか?

和名を透閃石という単斜晶系の珪酸塩鉱物で、アクチノライトやクリソタイルなどと同じアンフィボール(角閃石)グループに属する鉱物です。

繊維状結晶のものが建材アスベストとして使われていたこともありマイナスイメージを与えてしまいますが、実は透明度の高いものが宝石として利用されたり霊験あらたかなものとして重宝されたりとと、アクセサリーやパワーストーンとして多くの人に愛される天然石でもあります。

また、古くは硬玉と対をなす翡翠の一種として扱われた軟玉を構成する成分としても有名です。

そんなトレモライトについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でトレモライトを検索

トレモライトの豆知識天然石コラム

産地について

トレモライトは、地球上に存在する多くの岩石を形作る造岩鉱物の一つで、変成岩や花崗岩などに含まれています。世界中で産出される身近な鉱石ですが、宝石質のものやアクセサリーで使われる美しい色合いのものは産出量が少なく流通に乗ることも稀な天然石でもあります。市場に出回るトレモライトの主な産地として、アメリカ・ニューヨーク州やタンザニア、スイス、ミャンマー、カナダ、イタリア、中国などが挙げられます。

トレモライトや成分がほぼ同じ連続固溶体のアクチノライトは針状や繊維状で産出されることが多いほか、エメラルドやクオーツなどの内包物として発見することも多い鉱物でもあります。

名前の由来について

トレモライトは、スイスにあるトレモラ渓谷で産出されたことから名付けられた名前で、鉱物学上の正式名称は天然トレモライトです。構成する成分によって名前が変わる石としても有名で、鉄の含有量10%以下のものがそのままトレモライトと呼ばれ、鉄を10~50%含み緑色のものがアクチノライト(緑閃石)、構成成分のうちマグネシウムの量を鉄が上回るとフェロアクチライト(鉄緑閃石)というように、比率によって細かく分類が分かれます。また、石の色合いが紫色のものはヘキサゴライト、白~無色のものはグラマタイトと呼ばれるなど、見た目の変化によっても名前が異なります。

トレモライトの見た目と輝きは?

トレモライトは、本来は白色や無色で特に色はついておらず、鉄やマグネシウムなどの有色成分を含むことで緑色や紫色などに変化します。不透明から半透明の結晶がほとんどで、原石のまま標本などに使用されることが多く、ジュエリーやアクセサリーに用いるような透明で高品質なものは希少性が高いことで知られています。不透明なものは比較的安価ながら、アクセサリーに使える見た目のものの産出量は少なく、連続固溶体の造岩鉱物と一緒に取れることはありますが、その他の石と混ざりあったものになると流通はほとんど行なわれず、希少価値がさらに高まります。

トレモライトやアクチノライトの極めて微細な結晶が集まって形作られたものをネフライト(軟玉)と呼び、古来からヒスイ輝石(硬玉/ジェダイド)と同じ翡翠の一種として扱われました。ネフライトを構成するトレモライト・アクチノライトの影響により白色や緑色の見た目で翡翠とよく似ていますが、組成はまったくの別物で、現在では違うものとして扱われています。ちなみに、かつてのローマ帝国などではネフライトよりもジェダイドの方が価値あるものとみなされましたが、中国では玉という名でネフライトの方が珍重されていました。

どんな効果が期待できる石なの?

トレモライトは、磁場が強い場所で発見される、霊性なエネルギーが高いパワーストーンとして有名です。神秘性を示し、神などの上位存在と意思疎通を行えたり、第六感を高めたりといった効果が期待できます。また、極めて高い浄化効果を持つと言われており、あらゆるものを浄化する魔除けの石として用いられることが多い天然石でもあります。そのほか、癒やしや不安感の解消、集中力の上昇といった、自己の内面に働きかける石言葉を持っており、感情を上手く抑えられない方や不安がつきまといバッドコンディションが続いてしまう方などにおすすめです。

こんなアイテムに加工されています

トレモライトは、原石のまま標本や置き石に使われることが多い鉱物ですが、宝石質のものなどはカット・研磨を施してジュエリーとして扱われ、宝石に満たないものはビーズなどに加工しアクセサリーとして使われることがあります。

トレモライトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Tremolite
和 名:透閃石(とうせんせき)
色 彩:無色、白色、緑色、紫色
石言葉:第六感、魔除け、癒やし
原産地:スイス、アメリカ、タンザニア、ミャンマーカナダ、イタリア、日本、中国など
組 成:Ca2(Mg,Fe)5Si8O22(OH)2 (Mg/(Mg+Fe)=1.0-0.9)
硬 度:6.0
比 重:3.0

トレモライトと組み合わせると良い石

・水晶は「邪気を払い、幸福を得る」
・セラフィナイトは「コミュニケーション能力を引き出し、人間関係を円滑にする」
・タンザナイトは「転機・転換点にて冷静な判断を行い、最適な未来を選択する」
・オニキスは「意思を強くし、マイナスエネルギーを跳ね除ける」
・ターコイズは「心を癒やし、落ち着いて周囲を見ることができる」

トレモライトのヒーリング

・神々との意思疎通が得られる
・第六感
・開眼
・魔除け
・癒やし
・不安感の解消
・感情のコントロール
・あらゆるものの浄化
・集中力の向上

トレモライトの浄化・お手入れ

トレモライトは、太陽光により退色する恐れがあるため日光浴は避けましょう。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ×
月光    ◎
浴水    ◎

トレモライトのまとめ

トレモライトは、多くの岩石に含まれている身近な鉱物で、色合いの違いによって違う石に変わるほか、時に宝石として扱われるような美しさを秘めた天然石として知られています。パワーストーンとしても強い力を秘めており、あらゆるものを浄化する力や霊的エネルギーを高め第六感をもたらす開眼の意味、心の内面を癒やす霊験あらたかなヒーリングストーンとしても有名です。魔除けの石を探している方や癒やしが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-トレモライト

© 2021