天然石の名前で検索

テラヘルツ

テラヘルツとは?本物?偽物?公的研究機関で検査してみた。

コムローズ店長山本
みなさんは「テラヘルツ鉱石」という鉱物をご存知でしょうか?インターネットで調べると「テラヘルツ=電波」「テラヘルツは怪しい」「テラヘルツ水ってなに?」「テラヘルツは…」など。ネガティブな検索結果や怪しい検索結果がたくさん出てくるのではないでしょうか?

今回はそんなテラヘルツ鉱石の秘密について徹底的に調べて解説していきたいと思います。ではいきましょう♪

テラヘルツ

「ComRose」で海外から直接仕入れをしている検査結果コピー付きのテラヘルツを購入可能です!

そもそもテラヘルツ鉱石とはいったい何なのか?

テラヘルツ鉱石について別記事でも詳しくまとめています。鉱物自体の詳細はこちらの記事もぜひご確認ください。

テラヘルツ鉱石とは?産地や硬度など天然石が持つ特徴を紹介。

テラヘルツ鉱石という名前について確認してみました。

テラヘルツと検索すると、なかなか実態がつかめない人もいると思うので、そもそも「テラヘルツ」とは何なのか先に確認をしていきます。結論から言うと、「テラヘルツ」とはコマーシャルネームのようなものです。

つまり、「テラヘルツ鉱石」は実際の物質として存在する「鉱石」ではなく、販売するときの商品名として「テラヘルツ鉱石」という名前がついている「物質」のことなのです。

その説明を聞いて「?」となる方もいるかもしれませんね。例えば、みなさんは「タンザナイト」という天然石をご存知でしょうか?

タンザナイトとは?産地や硬度など天然石が持つ特徴を紹介。

このタンザナイトも、物質としては「青色のゾイサイト」ですが、ティファニーによって「タンザナイト」という名前(コマーシャルネーム)で売り出されその名前が定着したものになります。つまり、テラヘルツもイメージとしてはそんな感じの物質なのです。

では実際に存在している「テラヘルツという物体」としてはどんな物質なのか?

シルバーの色が特徴的なテラヘルツ、「テラヘルツ」はコマーシャルネームで物質として存在するものではないなら。
その物質はいったい何なのか?それを詳しく調べるために今回実際に「市の工業試験センター」へ行って実物の分析を行ってきました。実際にテラヘルツとして仕入れた物体を分析していく中で様々なことがわかってきたのです。

テラヘルツの正体は「半導体物質」の切れ端?

半導体とは?
見た目がシルバーでかなり軽量な物質テラヘルツですが。これは実際に工業試験センターの博士の方々に確認してもらうと物質としては半導体の一部だという事がわかりました。半導体とは、例えば電子回路などに使用されたりしているシルバー色の部分の物質のことです。

で、この「半導体になり損ねたもの?」がどうやらテラヘルツというコマーシャルネームを付けられて販売されているという事なんですね。

半導体についての詳しい説明はウィキペディアを見てほしいのですが。どうやら伝導性の高い物質であることは間違えなさそうなんです。
半導体について詳しくはこちらをご確認ください。

で、実際に分析機材を使用して物質を検査してもらいました。

工業試験センターで実際にテラヘルツ物質を検査をしてもらってきました。

実際に公的な検査機関に行って検査してみた。

その結果は下記のような結果になりました。

テラヘルツ物質の蛍光エックス線分析の結果がこちらです。

テラヘルツ検査結果(コムローズ)

実際は約99%以上が「ケイ素(SI)」で、ほんの少しだけ「アルミニウム(AL)」が混ざっているかなり純度の高いケイ素物質なのです。

さらに半導体について詳しく確認をしてみました。

ちなみに、半導体を生成するときの切れ端の物体を「テラヘルツ」として販売をしているのですが。この、生成過程でうまれる物質は大きく分けると2種類存在することがわかりました。それが下記の2種類です。

ここで注意していただきたいのですが、テラヘルツとして販売しているものはこの2つの中で「P型半導体」と呼ばれているものだという事です。この、N型とP型はっきり言うと見た目では絶対に判断がつかないのですが、半導体の生成過程で生成される過程が異なるので精製工程では完全に別物としてそんざいします。で、P型半導体はウィキペディアによると。

「p型半導体(ピーがたはんどうたい)とは、電荷を運ぶキャリアとして正孔(ホール)が使われる半導体である。正の電荷を持つ正孔が移動することで電流が生じる。つまり、正孔が多数キャリアとなる半導体である。 例えばシリコンなど4価元素の真性半導体に、微量の3価元素(ホウ素、アルミニウムなど)を添加することでつくられる。不純物半導体に含まれる。」

となっており、いうなれば完全純度の半導体に超微量のアルミニウムなどを添加して作られる電荷を運ぶ穴が存在する物質なのです。

つまりテラヘルツの正体とは?

つまり、テラヘルツの正体とは。

「半導体」を生成する過程で作られる「ケイ素(si)」に「アルミニウム(AL)」を超微量に加えた「不純物半導体」だったのです。

ちなみにコムローズで販売しているテラヘルツはこのようにサンプル分析を定期的に行い。テラヘルツとして販売ができる正式な「P型半導体」を仕入れております。

「ComRose」で海外から直接仕入れをしている検査結果コピー付きのテラヘルツを購入可能です!

コムローズのミギーがyoutubeチャンネルを開設しました。テラヘルツの解説動画もぜひご覧ください。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-テラヘルツ

© 2021