天然石の名前で検索

ヌーマイト

ヌーマイトとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

皆様、ヌーマイトはご存知ですか?

和名で角閃石片麻岩(かくせんせきへんまがん)と呼ぶ等軸晶系の混合鉱物で、正式な鉱物名は天然アンフィボール・シストと呼ばれています。

珪酸塩鉱物のアンソフィライト(直閃石)やゲドライト(礬土直閃石)、石英など複数の鉱物が高熱や圧力の影響を受けて構造を変えて生成された、単純な鉱石というよりは岩石に分類される鉱物です。

30億年前の地層から採掘された、世界で最も古い鉱石の一つとされており、市場に出回り始めたのは比較的最近で、真っ黒に見えつつも内包物により不思議な色合いを醸し出すパワーストーンとして近年注目を集めています。

そんな、ヌーマイトについて紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でヌーマイトを検索

ヌーマイトの豆知識天然石コラム

産地について

ヌーマイトは、グリーンランドのヌーク地方で初めて発見・産出された鉱物です。グリーンランド以外の産地としてはフィンランドのパルタモやカナダ、スペイン、アメリカなどが挙げられますが、グリーンランドも含めていずれの産地でも枯渇傾向にあり、その産出量の少なさから非常に希少性が高い鉱石として知られています。

近しい見た目のアルベゾナイトがヌーマイトとして販売されていることも多く、中国産のものにその傾向が見られます。ヌーマイトとアルベゾナイトの違いとしては内包物の色合いやインクルージョンの形状で判別できるとされていますが、鉱物としては同じ角閃石のグループに所属しており、発見地が同じくグリーンランドで見た目に類似点もあるため区別がしにくく、区別するには詳細な鑑定にかける必要があります。

名前の由来について

ヌーマイトの名前は、発見地のグリーンランド・ヌーク地方に因んで名付けられました。発見年は1982年とされており、地球温暖化の影響でグリーンランド周辺の気温が上昇し、それに伴い氷が溶けた結果、氷の下にあった地からヌーマイトが取ることができるようになったといわれています。そのほかにも、1810年にドイツの鉱物学者カール・ルードヴィヒ・ギーゼゲによって発見され、1900年代に入り科学的採掘が行われたいう説もあります。

ヌーマイトの見た目と輝きは?

ヌーマイトは、黒の鉱石をベースに金色や赤色などの細かな破片が混ざり合い、玉虫色のような色合いをしています。破片は短めで、表面には金属的な光沢を持ており、武骨ながらどこか幻想的な色彩を放っている鉱石です。

似た鉱石として扱われるアルベゾナイトには、青色などの寒色系の内包物が入っていることが多く、インクルージョンの特徴としては長めの針状ということが挙げられます。ヌーマイトにも青色の内包物が入っていることもありますが、破片が散らばっているか長めのものが重なっているかで判断すると良いでしょう。

どんな効果が期待できる石なの?

ヌーマイトは、魔除けのお守りとしてのほかに深層心理へ働きかける、心への影響が強い天然石として知られていいます。潜在能力を開花させ本来の自分らしさを取り戻したり、自分を見つめなおす切っ掛けを与えたりと、自身の精神面を深く見つめ直すといった石の意味を持っています。また、自分では気が付かなかった思い込みや、自身を縛るよくないもの、トラウマなどからの解放といった石言葉も込められているので、辛いことがあって忘れられないでいる方や思考に柔軟さが欲しい方などにおすすめです。

こんなアイテムに加工されています

ヌーマイトは、アクセサリーとして使われることが多く、ビーズやカボションカットを施したペンダントヘッドなど、様々なスタイルを楽しむことができます。

ヌーマイトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Nuummite
和 名:角閃石片麻岩(かくせんせきへんまがん)
色 彩:金属光沢を持ち黒色に金色、赤色、青色などの内包物あり
石言葉:潜在能力の開花など
原産地:グリーンランド・ヌーク地方、フィンランド・パルタモ、カナダ、スペイン、アメリカ、中国など
組 成:アンソフィライト/Mg₇Si₈O₂₂(OH)₂・ゲドライト/Mg₅Al₂Si₆Al₂O₂₂(OH)₂・石英/SiO₂などの混合鉱物
硬 度:5.5~6.5
比 重:2.8~3.1

ヌーマイトと組み合わせると良い石

・ラブラドライトは「柔軟な思考を取り入れ、新しいことへチャレンジ」
・ラピスラズリは「厄を払い、心を落ち着かせ幸福感を得る」
・シュンガイトは「心を深く見つめ直し、心身共に癒しを得る」
・ゴールドルチルクォーツは「受け入れる心を持ち、成功を収める」
・ガーネットは「秘めた力を開放し、目標達成に近づく」

ヌーマイトのヒーリング

・潜在意識の開花
・包容力を高める
・自分らしさを取り戻す
・自身を見つめ直す
・柔軟な思考回路をもたらす
・トラウマからの解放
・深層心理に働きかける
・魔除けのお守り

ヌーマイトの浄化・お手入れ

ヌーマイトは、基本的に全ての方法でお手入れ可能ですが、太陽光に弱いという説もあるためできる限り月光浴などをさせると良いでしょう。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   △
月光    ◎
浴水    ◎

ヌーマイトのまとめ

ヌーマイトは、太古から存在し地球を深くから見守り続けてきたという意味を込めて、潜在意識の開花や深層心理への働きかけなど、自身の内面を見つめ直す切っ掛けとしての石言葉を持っています。自分らしさを見失っている気がしている時や、初心に振り返りやり直したい時などに効果が期待できます。

また、凝り固まってしまっている思考を柔らかくしたり、過去にあった事象がトラウマとして根深く残っていたりする場合に開放するといった石言葉もあることから、自分では気が付けないでいる思い込みやぬぐえないトラウマをなくしたい方におすすめの天然石です。見た目も大変美しく、シンプルにアクセサリーとしても楽しめるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ヌーマイト

© 2021