天然石の名前で検索

ガーネット マラヤガーネット

マラヤガーネットとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
マラヤガーネットという天然石をご存知ですか?成分の割合によってピンクやオレンジ、茶色などの暖色系が生まれる美しい石です。中には光源の種類で色が変わる「カラーチェンジ効果」を持つマラヤガーネットもあります。この記事では、いろいろな表情が楽しめるマラヤガーネットの産地や名前の由来などを解説します。ぜひ最後までお読みください。

※画像はガーネットです。

「ComRose」でマラヤガーネットを検索

マラヤガーネットの豆知識天然石コラム

産地について

マラヤガーネットは主にタンザニアのウンバ渓谷や、マダガスカル、インドなどで産出されます。

パイロープとスペサルティンなど、複数のガーネットが混ざり合った石です。ガーネットが合わさることで生まれる、ピンクや赤、ブラウンなどの複雑な色味が魅力です。

硬度は7と十分な強さがあるので、リングやネックレスなどの宝石にも加工しやすいことから、マラヤガーネットを用いたさまざまな宝飾品が作られています。

名前の由来について

マラヤガーネットは、1970年代にタンザニアのウンバ川付近で発見されました。ガーネット族の中では比較的新しい天然石です。

発見当時は、ガーネットの中でも産出量が多いスぺサルティン(スペサタイト)として扱われていました。スペサルティンと比べて「取るに足らない石」だとみなされ、スワヒリ語で「部外者」「仲間外れ」を意味する「マラヤ」と名付けられました。

しかし、現在では産地を元にしたウンバライトと呼ばれることが増えています。また、マラヤには俗語で売春婦という意味もあることから、特に現地ではウンバライトの名前で流通しています。

日本ではネガティブイメージをもたれていないため、マラヤガーネットと呼ばれることが主流です。

マラヤガーネット、ウンバライトはいずれも流通名で、石としての鑑別所には「天然ガーネット」と記載されます。
複数のガーネットの種類が混ざり合っているので、宝石名も正式名称は「ガーネット」と書かれています。

マラヤガーネットの見た目と輝きは?

マラヤガーネットは、ピンク色を中心とした透け感があるガーネットです。成分の含有によっては、茶色系やシャンパンカラーの見た目をした石もあります。

また白熱灯に照らすと、ピンクやブラウンから赤っぽくカラーチェンジするマラヤガーネットもあります。

ピンク色は、パイロープ(苦礬柘榴石)とスペサルティン(満礬柘榴石)が混合したマラヤガーネットならではの色味です。

バラやロゼワインのような、赤みが強いピンク色は、大人らしさを感じる色をしています。独特なピンク色のマラヤガーネットは、宝石としても高い人気があります。

どんな効果が期待できる石なの?

マラヤガーネットは、心身に溜まったマイナスエネルギーを取り払い、軽くしてくれる天然石です。そして目標達成に向けて動き出すプラスのエネルギーを与えてくれます。

大人っぽいピンク色の見た目から、恋愛成就のお守りとしても人気です。

片思いの相手やパートナーとの関係を、より深くしたい方が身に着けるパワーストーンとしてもおすすめですよ。

こんなアイテムに加工されています

マラヤガーネットは、宝石として人気があるガーネットです。特にカラーチェンジ効果があるマラヤガーネットは、希少で人気があり高値で取引されています。

白熱灯が日常的に当たる、指輪やネックレスなどのラインナップが充実しています。

その美しい輝きはダイヤモンドにも引けをとりません。同じガーネット族を組み合わせたアクセサリーや、ダイヤモンド、オパールなどと合わせたジュエリーも人気です。

マラヤガーネットの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Malaya Garnet
和 名:柘榴石(ざくろいし)
色 彩:ピンクレッド・オレンジピンク・ライトピンク・赤褐色・薄茶色など
石言葉:内気・心を奪う素質
原産地:タンザニアのウンバ鉱山・マダガスカル
組 成:(MgFeMnCa)3Al2(SiO4)3
硬 度:7.0~7.5
比 重:3.64

マラヤガーネットと組み合わせると良い石

サンストーンは「エネルギーを高めて目標達成に向けて活動する」
ラピスラズリは「恋愛成就のお守り」
ラブラドライトは「仕事や起業のお守り・仕事運を高める」
ブラックオニキスは「マイナスエネルギーを浄化する厄除け」
翡翠は「目標達成力を高める」
ブルートパーズは「恋愛の運気を高めて良縁をもたらす」
アイオライトは「恋愛と仕事運の運気を高める」
モルダバイトは「カリスマ性をアップさせる」

マラヤガーネットのヒーリング

・忍耐力と思慮深さをもたらす
・自分自身に誇らしく自信を持てる
・深い愛情を育む
・欲しいものを諦めない
・人を魅了して心を奪う
・持ち主に凛とした雰囲気を生む
・マイナスエネルギーを浄化して不調を整える
・エネルギーを細胞に行き渡らせて活性化させる

マラヤガーネットの浄化・お手入れ

マラヤガーネットは水や日光にも強いので、どの浄化方法にも対応しています。硬度は7と高いですが、衝撃によって傷む可能性があるため身に着けるときは注意しましょう。

クォーツとも相性が良いので、1日身に着けたマラヤガーネットは水晶クラスターの上に置いて浄化してください。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 〇
月光 〇
浴水 〇

マラヤガーネットのまとめ

マラヤガーネットは、特に赤みの強いピンク色が人気の天然石です。成分によってはカラーチェンジ効果もあり、さまざまな表情を楽しめます。

パワーストーンとしてはもちろん、宝石としても幅広いアイテムに加工されています。心身の負のエネルギーを浄化し、前向きな日々を過ごすエネルギーを与えてくれる天然石です。

その人気から相場が上がりつつあるので、今のうちにぜひお気に入りのマラヤガーネットを探してみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ガーネット, マラヤガーネット

© 2021