ストーンカテゴリー ハイバーシーン 天然石コラム

ハイパーシーンとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
黒く光るカッコいい石として人気がある「ハイパーシーン」

和名では紫蘇輝石(しそきせき)と呼ばれ、一般的に黒色の中にも黄色系や赤色系のシラーが浮かび上がるのが特徴的な天然石です。

悪習慣を断ちたい人や、根気強くなりたい人を後押しするような石で、そのクールな色味から、女性はもちろん、男性にプレゼントすると特に喜ばれる石です。

今回はそんな「ハイパーシーン」についてみていきたいと思います。

ハイパーシーンブレスレット画像

「ComRose」でハイパーシーンを検索

ハイパーシーンの豆知識!天然石コラム

黒い中にキラッとシラーが浮かび上がる「ハイパーシーン」。
似た化学組成を持つ石に「ブロンザイト」というものがあるのですが、その石より少し硬度が高いのがハイパーシーンです。

化学組成がよく似ていたこともあって、昔はよく同じ石として混同されることもあったそうです。
そのため、ブロンザイトと違う石だとわかるように、ギリシャ語で「超越(Huper)」「強さ(Sthenos)」(ブロンザイトよりも強いものという意味)と名付けられたとされています。

また、ハイパーシーンは「エンスタタイト」、「パイロキシン」、「ハイパースシーン」などと呼ばれる事もあります。
色々な呼び方がある面白い天然石なのです。

ハイパーシーンの少しマニアックなお話しをすると、含有される鉄分の量が30%以下だと「ブロンザイト」、それよりも多い場合に「ハイパーシーン」として区別されるという話もあります。

含まれる成分に鉄(マグネシウム)が多いため、とても高温に強く、高温炉の材料としても使われることがあるそうです。

黒くて強そうな見た目と、高温にも強い特徴を持つので、さぞかし硬い石なのではないか?と思われがちですが、硬度は高くないので、強い衝撃に弱くわれやすいので注意が必要です。

主な色彩は黒ですが、その中に黄色系や赤色系、ピンク系などのシラーが浮かび上がるのが特徴でよく見るとトテモ魅力的な表情をしています。

ちなみに「紫蘇輝石」という和名がついているように「紫色系」のシラーが現れるものもあります。

主な産地はアメリカやカナダ、ブラジルなどですが、日本の鉱山からも少し産出するそうです。

黒い石は一般的に「意思を強くする」と言われますが、この石も昔から精神力を強化するお守りとして人気があるそうです。

ハイパーシーンの基本情報(原産地や石言葉など。)

英名:Hypersthene
和名:紫蘇輝石(しそきせき)
色彩:黄色系や赤色系等のシラーが浮かび出る黒色
石言葉:強さ、責任感、信頼、リーダーシップ
原産地:アメリカ、カナダ、ブラジルなど結晶系:斜方晶系
組成:(Mg,Fe)2Si2O6
硬度:5.5~6.5
比重:3.4~3.5

ハイパーシーンのヒーリング

強さとエネルギー強化の石

・邪念を祓う
・悪習慣から抜け出す
・自信がつく
・エネルギーの強化
・感情のブレを落ち着かせる

ハイパーシーンと組み合わせると良い石

このように複数の天然石を組み合わせることで、いろいろな力を発揮すると言われています。

ハイパーシーンの浄化・お手入れ

基本的には、どのような浄化方法も適していますが、石の性質上、強すぎる太陽光では変質や変色する可能性があるので、オススメしていません。

クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   △
月光    ◎
浴水    ◎

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ストーンカテゴリー, ハイバーシーン, 天然石コラム

© 2021