天然石の名前で検索

ドラゴンスキンアンモライト

ドラゴンスキンアンモライトとは?産地・硬度と天然石の特徴

バイヤー山本
ドラゴンスキンアンモライトという天然石をご存知ですか?アンモライトの中でも、まるでドラゴンの肌のような鱗状に見える七色の輝きが美しい石です。何千万年もの間、じっくりと形成される化石宝石で、その美しい見た目から人気を集めています。この記事ではドラゴンスキンアンモナイトの特徴や産地などをご紹介します。

「ComRose」でドラゴンスキンアンモライトを検索

ドラゴンスキンアンモライトの豆知識天然石コラム

産地について

ドラゴンスキンアンモライトの主な産地は、カナダが有名です。アンモライトはカナダかアメリカで産出されていますが、特に産出量が多いカナダを中心にドラゴンスキンアンモライトが見つかっています。

現時点では不思議なことにカナダ以外で見つかっておらず、特にドラゴンスキンアンモライトはかなりめずらしいアンモライトに数えられています。通常のアンモライトとは異なる、クラックが刻まれた独特の模様はドラゴンスキンと呼ばれており、希少なアンモライトとして取引されています。

名前の由来について

ドラゴンスキンアンモライトの名前は、ドラゴンのゴツゴツとした肌を連想させる見た目が由来です。通常アンモライトはアンモナイトが数千万年もの時間をかけて、地中の奥深くで化石化したものです。その中でも虹色の光沢を持ったアンモナイトは、1981年には国際貴金属宝飾品連盟からアンモライトという宝石と位置づけられました。

その中でも、まるでドラゴンの隆起した鱗のようなドラゴンスキンを連想させる、独特のクラック模様を持ったアンモライトをドラゴンスキンアンモライトと呼びます。

また、そのクラック模様はそれぞれ緑色や青色、紫色などさまざまなカラーを持っていることから、別名「ステンドグラスウインドウアンモライト」と呼ばれることもあります。

和名でアンモライトは、まるで菊の花のような形をした化石の様子から「菊石」と呼ばれています。

ドラゴンスキンアンモライトの見た目と輝きは?

ドラゴンスキンアンモライトは、通常のアンモライトとは異なるクラックが入っています。アンモライトは渦を巻いたアンモナイトが化石化したもので、従来であればアンモナイトそのままのカタツムリのような形で、表面にはなめらかな光沢があります。

しかしドラゴンスキンアンモライトは、何らかの理由で表面にクラックが入り、まるでステンドグラスのように独特の見た目をしています。この繊細なクラックはまるで竜のうろこのようで、とても幻想的で美しい見た目をしていいます。

アンモライトの輝きは何千万年もの間、地層奥深くで化石になっていく過程で、オパールなどに見られるイリデッセンス(遊色効果)を持ったためです。角度によって輝き方が異なり、色味も違って見える美しい化石として、人気を博しています。

アンモライトは殻がとても薄く、壊れやすいため無傷で状態の良いものになると数十万円から数百万円の高額で取引されることがめずらしくありません。その中でも遊色効果がはっきりとしたアンモライトは人気があり、クラックがドラゴンのうろこのように見えるドラゴンスキンアンモライトはさらに希少な化石として取引されています。

どんな効果が期待できる石なの?

ドラゴンスキンアンモライトは、自然のエネルギーを秘めています。数千万年から1億年もの気が遠くなるような時代から、じっくりと化石化したアンモライトのエネルギーは膨大です。

持ち主の秘めた可能性に働きかけて、新たな才能や人生のチャンスに気づかせてくれます。幸福を呼び寄せる石とも言われており、人生に希望の光をもたらしてポジティブな日々を送る手助けをしてくれるのです。

こんなアイテムに加工されています

ドラゴンスキンアンモライトはその見た目を活かした、ペンダントトップに加工されています。また、原石結晶のまま美しいアンモライトの光沢を楽しめる、インテリアやコレクション向けのドラゴンスキンアンモライトも人気があります。

ドラゴンスキンアンモライトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:dragonskin ammolite
和 名:菊石
色 彩:七色の光沢と肌のような模様
石言葉:想像力
原産地:カナダ
組 成:石によって異なる
硬 度:4.0
比 重:2.65

ドラゴンスキンアンモライトと組み合わせると良い石

アンバーは「エネルギーを浄化する」
パールは「厄災や邪気を払いのける」
ジャスパーは「事業運・仕事運を高める」
サファイアは「繁栄と幸福をもたらす」
本水晶は「エネルギーを清める」
トパーズは「幸運を引き寄せる」
アゼツライトは「弱った精神を回復させる」
エレスチャルクォーツは「マイナスエネルギーを浄化する」

ドラゴンスキンアンモライトのヒーリング

・自然のエネルギーを得る
・想像力を高める
・秘められた可能性を引き出す
・憂鬱な気持ちを払いのける
・幸運を呼び寄せる
・人生の視野を広げる
・人生に希望の光をもたらす

ドラゴンスキンアンモライトの浄化・お手入れ

アンモライトは性質上、長期間水に触れていると輝きが失われてしまいます。美しいドラゴンスキンを保つためには、水濡れを避けて別の方法で浄化しましょう。

また、アンモライトは紫外線の影響を受けやすいため、日光浴による浄化もNGです。日光に当たる窓辺などに置いていると、アンモライトの薄い層が剥がれてしまう可能性があります。そのため直射日光と流水を避けて保管しましょう。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 ×
月光 〇
浴水 ×

ドラゴンスキンアンモライトのまとめ

ドラゴンスキンアンモライトは、美しい遊色効果を持ったアンモライトの化石の中でも、まるでドラゴンのうろこを思わせる細かいクラックが入った幻想的な見た目をしています。

約1億年もの時間をかけて作り出されるドラゴンスキンアンモライトは、地球のエネルギーを秘めており、持ち主に眠っている才能を引き出してくれます。産出量が少ないレアな化石ですが、見かけることがあればぜひ入手してみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
バイヤー山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガネーシャ編集長

株式会社さくらの情報配信担当ガネーシャ編集長です。愛知県岡崎市にある天然石sakuraというお店とネットショップコムローズ(Comrose)を運営する傍ら、天然石の情報を日々お届けしております。コラムが参考になった方はぜひSNSからフォローよろしくお願いします。お店へのご来店もおまちしておりますよ!

-ドラゴンスキンアンモライト

© 2022