天然石の名前で検索

コパール

コパールとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
コパールは樹脂が固まってできる化石です。琥珀(アンバー)になる前の半化石化したやわらかい質感が特徴です。琥珀よりも流通量が多く安価のため、鉱石コレクション初心者の方にもおすすめです。コパールは判断力と決断力を高めるヒーリングストーンとしても人気です。この記事ではコパールの見た目や特徴、ヒーリングをご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でコパールを検索

コパールの豆知識天然石コラム

産地について

コパールはオーストラリアやマダガスカルなどで産出される化石です。コパールよりも長い期間樹液が固まってできたアンバーも、同じ産地で見つかっています。

色や大きさは産地や期間によって違いがあります。ほかにもドミニカ共和国やポーランド、日本でも一部地域で産出が確認されています。

完全に化石化した天然のアンバーは、完成するまでに数千万年の長期間が必要です。一方でコパールは化石化途中の樹液のため、アンバーとくらべると見つかりやすく価格も抑えめです。

名前の由来について

コパールの名前は、メキシコ語の「コパリ(copalli)」が由来です。コパリは樹脂を意味する言葉で、和名もそのままコパリやコパルなどの名前で流通しています。ちなみにコパールとアンバーの基準は明確化されていません。完全に化石化が終わっていない、脆さが残る状態のものも琥珀やアンバーの名前がつけられることがあります。

「樹脂」を意味する言葉です。コーパルも、もちろん化石に他なりませんが、比較的若い樹脂化石といったところで、分子同士の結合がまだ弱く、揮発性の成分が少し残っています。

物理的にはまだ不安定で、熱にも150℃くらいで溶けるのがコーパルの特徴です。その後、コーパルが揮発性の成分をとことん失って、分子同士がより強く結合したら、やっと琥珀となるのです。琥珀には揮発成分は全くないので、それ以上変化するということはありません。

コパールの見た目と輝きは?

コパールは木の樹脂が固まってできる化石です。完全に化石化した琥珀(アンバー)とくらべると、経過年数が若いという特徴があります。

また、アンバーは数百万年、数千万年の長い時間をかけて化石化します。コパールはそれよりもやや短い、数万年などの期間が経過している樹脂の呼び名として使われることが多いです。

完全な化石とは、分子同士の結合が終わり、樹液に含まれているアルコールや酸、油分などが完全に揮発して固まった状態を指します。コパールはやや揮発性が残った状態で、アンバーとくらべてやわらかく、少しの衝撃で壊れる可能性があります。

色ははちみつのような黄色、黄金、茶褐色が中心。天然のコパールの中には昆虫や植物が閉じ込められ、いっしょに化石化したものがあります。

数万年以上前の昆虫や植物の形をそのまま確認できる資料としても重宝されてきました。今でも昆虫入りコパールは、世界各地で鉱石標本として取り扱われています。

どんな効果が期待できる石なの?

コパールは長年の時間を経て化石化が進んだものとして、強い生命エネルギーを持っていると考えられています。最近気力が低下している、体力の衰えを感じているといった方が身に着けることで、やる気を高めてくれます。

ほかにも、持ち主が溜め込んだ毒を排出してクリーンにする浄化の化石でもあります。ポジティブなエネルギーをもたらし、前向きな日々を送るサポートをしてくれることでしょう。

こんなアイテムに加工されています

コパールは硬度が約1と非常にやわらかく、壊れやすい化石です。衝撃を加えると割れてしまう可能性があるため、基本的には化石標本として取り扱われています。

また、一部のコパールは上から樹脂加工を施したアクセサリーになることもあります。

コパールの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Copal
和 名:コパル
色 彩:半透明の黄色・オレンジ
石言葉:心の傷を癒す
原産地:オーストラリア・マダガスカル
組 成:C10H16O+(H2S)>
硬 度:2.0~ 2.5
比 重:1.04~1.10

コパールと組み合わせると良い石

パイライトは「仕事運と金運を向上させてチャンスをもたらす」
シトリンは「心身の滞りを解消して前向きな気持ちに切り替える」
モスアゲートは「深い癒しと穏やかな精神をもたらす」
ブルーアンバーは「ポジティブなエネルギーをもたらす」
スギライトは「邪悪なものから持ち主を守る」
ガーネットは「目標や夢を叶える情熱をサポートする」
エメラルドは「持ち主の周辺の人々との絆を深める」
インカローズは「恋愛運や家族運を上昇させる」

コパールのヒーリング

・心を落ち着けて癒しをもたらす
・必要がないものを手放すよう促す
・厄災から持ち主を守る
・成功に近付くためのヒントとアイデアが閃く
・持ち主の気力を高めてやる気を生む
・保守的な思考をやわらげて柔軟性を取り戻す
・持ち主の心の毒を排出させる
・明るいエネルギーで体内を満たす

コパールの浄化・お手入れ

コパールは水によって表面の成分が溶けてしまう可能性があります。また、日光を浴びると変色する原因になるため、水と紫外線は避けましょう。

水晶クラスターのそばに置いたり、ホワイトセージを焚いたりする浄化方法がおすすめです。表面に汚れが付着しないように、クリアケースなどに入れてほこりが被らない保管方法をとってください。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 ×
月光 〇
浴水 ×

コパールのまとめ

コパールは樹脂が固まった、木から生まれる化石です。琥珀のアンバーとくらべるとまだ化石化が終わっていないため、主に化石標本として流通しています。

数千万年の時間が必要なアンバーよりも流通数が多いことから、琥珀系の標本を気軽に入手したい方におすすめです。コパールは心を浄化してポジティブな気持ちをもたらす化石です。

気力や体力の低下を感じる方は、ぜひコパールを身近な場所に置いてプラスのエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-コパール

© 2021