天然石の名前で検索

チェンジカラーアンデシン

チェンジカラーアンデシンとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

皆様、チェンジカラーアンデシンはご存知ですか?

アンデシンは2002年に確認された比較的新しい鉱物で、オリゴクレーズやラブラドライト、サンストーンなどと同じ斜長石グループに属します。

アルバイトとアノサイトという鉱石に連なる固溶体としても知られており、含まれる成分の比率によってさまざまな表情を見せてくれる天然石です。

元より貴重な鉱石として有名なアンデシンですが、そのなかでもさらに希少性が高く、見る角度によって色合いが変わって見えるもののことをチェンジカラーアンデシンと呼びます。

アレキサンドライトやサファイヤ、ガーネットなど、多色性を示す宝石に負けず劣らず美しいチェンジカラーアンデシンは希少性だけではなく、調和と変化を司るパワーストーンとしても知られています。

そんなチェンジカラーアンデシンについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でチェンジカラーアンデシンを検索

チェンジカラーアンデシンの豆知識天然石コラム

産地について

チェンジカラーアンデシンは、通常のアンデシンと同じように安山岩などの火成岩に含まれており、現在流通しているアンデシンの多くがチベット自治区、モンゴル、中国などで産出されたものです。

アンデシンは地殻を構成する鉱物のなかでも量が多い長石グループに属していることから採掘は世界中でされており、産出自体はさほど珍しくありません。しかし、宝石質のものや流通に耐えられる上質なものとなると希少性が跳ね上がり、角度によって色合いの見え方が異なるチェンジカラーはさらに採掘量が激減するため、アンデシンのなかで最もレアな鉱石と言えるでしょう。

名前の由来について

チェンジカラーアンデシンは、その名の通り色合いが変わって見えることからその名で呼ばれるようになりました。元となるアンデシンの名前の由来は、アンデス山脈で多く取れたことに因んだものです。

チェンジカラーは外見の特徴から名付けた流通名で、鑑別では鉱物名が天然フェルドスパー、宝石としての名前は「アンデシン/ラブラドライト」のように斜長石の比率で近しいラブラドライトと並べて記載されます。

和名の中性長石は、鉱物名としては正しくありません。長石は珪酸塩鉱物でナトリウムを含むアルバイトを曹長石、カルシウムを含むアノサイトを灰長石と呼び、かつては成分比率の変化により名前が変わっていましたが鉱物の命名に関する50%ルールにより、アンデシンはアルバイト側に近しい鉱石のため曹長石と正式に決まりました。

チェンジカラーアンデシンの見た目と輝きは?

チェンジカラーアンデシンのベースカラーは赤や赤褐、または緑です。インクルージョンや模様が少ない宝石質のものは単色で透明度が高く、一般的にアクセサリーとして使われるものは赤色の帯状の模様が入り、緑色と混ざり合ったような見た目をしています。

チェンジカラーの最たる特徴として挙げられるのが、色が異なって見える多色性にあります。アンデシンの多くが赤色から赤褐色の色合いをしており、そのほかに緑色のものなどもありますが、この赤と緑の色を生み出しているのはアンデシンのなかに含まれる銅によるものです。銅の粒子の大きさや酸化銅か否かなど、さまざまな要因によって奇跡的に多色性を得て、結果として光の加減や角度によって見え方が変わって見えると言われています。

どんな効果が期待できる石なの?

アンデシンは調和と変化という真逆の意味を同時に内包している天然石です。自分の心のなかにある矛盾した思いを正し、落ち着かない気分を穏やかにしてくれるなど感情面に働きかける効果が期待できます。冷静さを失いがちな方や根気が続かず物事に対して意欲がわかないなど心が乱れがちな方におすすめです。

また、チベットでは聖なる石として高僧が使っていたとされるほど、霊性が高い石と言われています。心だけではなく体のバランスも整えて、充実した日常を送る手助けをしてくれることでしょう。

こんなアイテムに加工されています

チェンジカラーアンデシンは、ビーズやルースなどに加工してアクセサリーに使われ、インクルージョンや色ムラが少ない上質なものはジュエリーとして使用されます。

アンデシンは硬度の高さに対して劈開性が完全のため割れやすい性質があるため取り扱いには十分な注意が必要です。また、市場に出回る多くのアンデシンは、加熱による染色加工を施しているため、天然の鉱石が欲しい方はしっかり確認するとよいでしょう。

チェンジカラーアンデシンの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Change Color Andesine
和 名:中性長石(ちゅうせいちょうせき)
色 彩:赤褐色、緑、オレンジ色、白色、灰色
石言葉:調和と変化
原産地:コンゴ、チベット、中国、モンゴルなど
組 成:Na([AlSi₃O₈])₇₀~₅₀(Ca[Al₂Si₂O₈]₃₀~₅₀)
硬 度:6~6.5
比 重:2.55~2.63

チェンジカラーアンデシンと組み合わせると良い石

チェンジカラーアンデシンは、長石グループに属する斜長石の連続固溶体のため、成分違いの石との相性が非常によいです。また、カリ長石のムーンストーンなどとも合わせやすいのでぜひお試しください。

・サンストーンは「自信を高め、チャンスを掴む強さを与える」
・ムーンストーンは「魅力を引き出し、恋愛運を高める」
・ラブラドライトは「想像力・直感力を高める。自己の内面を見つめ直す」

チェンジカラーアンデシンのヒーリング

・調和と変化
・矛盾した感情を正す
・感情を安定させる
・冷静さに物事を見られる思考力
・勇気を与える
・異なる価値観を許容する
・体のバランスを整える
・アンチエイジング

チェンジカラーアンデシンの浄化・お手入れ

チェンジカラーアンデシンは熱により退職や変色をする恐れがあるため
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ◎
月光    ◎
浴水    ◎

チェンジカラーアンデシンのまとめ

チェンジカラーアンデシンは、数あるアンデシンのなかでも希少性が極めて高く、見方によって表情を買えるとても美しい天然石です。宝石として使われるものはもちろんのこと、個性が豊かでアクセサリーとしてもよく映えます。

ヒーリング効果の高いパワーストーンとしても有名で、調和と変化という相反する意味を持ち合わせているため、矛盾した気持ちによって感情の高ぶりが抑えられない場合や、冷静さを取り戻したい、精神的な余裕を得たい場合などにおすすめです。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-チェンジカラーアンデシン

© 2021