天然石の名前で検索

アンモナイト

アンモナイトとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
アンモナイトは太古の時代に、海の生き物として生息していました。今でも国内を含め世界中で化石が見つかっています。実はこのアンモナイトが、パワーストーンとしても人気があることをご存知ですか?持ち主の可能性を高めて、潜在能力を開花させると言われています。この記事ではパワーストーンとしてのアンモナイトの特徴を解説します。産地や見た目の特徴などもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でアンモナイトを検索

アンモナイトの豆知識天然石コラム

産地について

アンモナイトは今から2億年前のカンブリアのジュラ紀に、恐竜とともに絶滅した海の生物です。古生代に誕生して以来、絶滅するまで約3億年以上にわたって繁栄しました。

イカやタコの仲間に属する生物で、化石を見ると特徴的な渦巻状の姿を確認できます。アンモナイトは世界的に見つかっており、モロッコやロシア、アメリカ、カナダなどの各地があります。

また、日本では北海道がアンモナイトの産地として有名です。北海道三笠市立博物館では、アンモナイトの化石が600点も展示されています。

2021年には北海道の中川町で、巻きが違う新種のアンモナイトが見つかったニュースが話題になりました。長期間地層で眠るアンモナイトは、一部が宝石化します。宝石になったアンモナイトは表面に美しい光沢が生まれ、光の加減によって七色の輝きを確認できます。

ただし元々生物の殻であるため、強度は低く衝撃に弱いです。パワーストーンとしてのアンモナイトのほとんどは、壊れないように樹脂などでコーティング加工されています。

名前の由来について

アンモナイトの名前は、古代ギリシャの神「アンモーン」が由来です。アンモーンは羊の角を持っている神で、角の形がアンモナイトの渦巻きと似ていることから名付けられました。

サイズは数センチから数十センチが一般的で、小ぶりなアンモナイトはそのままの形でアクセサリーに加工されることがあります。

また、大ぶりのアンモナイトの中で、宝石化が進んだ部分をカットしたアクセサリーも人気です。中には体長2メートルを超える、巨大アンモナイトの化石も発見されています。

アンモナイトの見た目と輝きは?

アンモナイトは長年地層に眠っている間、圧力と周辺の宝石の影響を受けて変質することがあります。代表的なものではオパール化したアンモナイトです。表面に光沢があり、光にかざすとキラキラとした輝きが見られます。

また、同じくアンモナイトの宝石である「アンモライト」があります。アンモライトもアンモナイトが宝石化したものですが、これはカナダのアルバータ州で産出されるものだけの宝石名です。

特定の産地、品質が保証されたアンモナイトの宝石のみが、アンモライトと呼ばれています。

アンモライトは複雑な七色の輝きがあり、地層深く7,000メートルの地で採られるものは、強度も増しており重厚感ある見た目です。

どんな効果が期待できる石なの?

アンモナイトは、3億年以上にわたって繁栄した生物です。この歴史から、持ち主に成功や繁栄をもたらすと言われています。事業を発展させたい方や金運を高めたい方のお守りにおすすめですよ。

また、持ち主の才能を開花させて、エネルギーを活性化させるとも言われています。生命の源である海で育つアンモナイトは、強い生命力を秘めています。

持ち主の潜在能力を引き出しつつ、活力を与えて前へ進むやる気を与えてくれることでしょう。

こんなアイテムに加工されています

アンモナイトはそのままの渦巻状の形状を活かした、化石の状態で販売されています。また、小ぶりなアンモナイトはそのままペンダントトップに加工したデザインもあります。

自然のままの姿を楽しめるパワーストーンとして、味わい深い魅力があります。

アンモナイトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Ammonite
和 名:菊石
色 彩:茶褐色・黒などのアンモナイトに宝石化による光沢
石言葉:柔軟な思考
原産地:北海道・モロッコ・ロシアなど
組 成:有機物
硬 度:4.0
比 重:2.60-2.85

アンモナイトと組み合わせると良い石

パールは「精神を穏やかにさせる」
アクアマリンは「海のような広い心を持つ」
アメジストは「精神状態を安定させる」
アパタイトは「人同士の絆を深める」
アマゾナイトは「明るいエネルギーを与えてくれる」
スモーキークォーツは「マイナスエネルギーから持ち主を守る」
トルマリンは「心身を浄化して活力を与える」
クリスタルクォーツは「魔除けのお守り」

アンモナイトのヒーリング

・持ち主のエネルギーを活性化させる
・芸術面での才能を開花させる
・元気を取り戻し前向きな人生を送る
・円満な家庭と繁栄をもたらす
・心身を強化して生きる力を養う
・自分らしさを追及して生きる目的を見出す
・仕事運を向上してビジネスを発展させる
・金運をアップさせる

アンモナイトの浄化・お手入れ

アンモナイトは化石なのでとてもやわらかく、壊れやすいです。強度を上げるためにコーティングしているアンモナイトもありますが、衝撃には弱いため気を付けましょう。

流水で洗うとアンモナイトを傷めてしまうので、お手入れするときはやわらかい布で表面を拭き取ってください。

紫外線は退色の原因になります。日光浴は控えて、月光浴をさせるとアンモナイトをしっかり浄化できますよ。

ほかにも水晶やセージを用いた浄化方法もおすすめです。アンモナイトは特にクリスタルクォーツや、ガーデンクォーツなどの水晶とも相性が良いです。

身に着けていないときは、水晶クラスターやさざれ石のそばに置いておくと、エネルギーを養えます。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 △
月光 〇
浴水 ×

アンモナイトのまとめ

アンモナイトは化石でそのままの形が残った、太古の歴史を感じられるパワーストーンです。化石として有名ですが、宝石化したアンモナイトの輝きは独特で、いろいろな色彩を楽しめます。

そのまま化石として飾ることはもちろん、ミニサイズのアンモナイトをペンダントなどで身に着けることもできますよ。

潜在能力に目覚めたい方、願望成就のためのお守りにしたい方は、アンモナイトを生活に取り入れてみてください。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-アンモナイト

© 2021