天然石の名前で検索

アンモライト

アンモライトとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
アンモライトという石をご存知ですか?アンモライトは白亜紀に生息していたアンモナイトが、化石になる過程で宝石に変質したものです。化石であり宝石でもあるアンモライトは、光の角度によって七色の輝きを楽しめます。この記事ではアンモライトの魅力をくわしく紹介します。産地や見た目の特徴などを解説していますので、最後までお読みください。

「ComRose」でアンモライトを検索

アンモライトの豆知識天然石コラム

産地について

アンモライトが世界ではじめて見つかったのは、北米の先住民族ブラックフットインディアンと言われています。

アンモナイトの化石は世界各地で産出されますが、「アンモライト」と呼ばれるのはカナダのアルバータ州産だけです。今から約7,000年前の地層から見つかるアンモライトは宝石化が進み、七色の美しい輝きが見られます。

同じ地層でも位置によって、アンモライトの品質は異なります。たとえば地表から浅い40~50フィートのものは、表面がもろく全体的に薄いので壊れやすいです。その性質から強度を上げるために、表面をスピネルなどで覆ったり、樹脂コーティングされたりことが多いです。

地中深くで見つかるアンモライトは、数千年にわたる圧力によって表面の強度が上がり層も厚くなっています。

ただし、地中深くにあるアンモライトは産出量が限られていて希少性が高いです。それゆえコーティングが不要で、すぐに宝石加工ができるレベルは希少なので高値で取引されています。

名前の由来について

アンモライトはCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)で定められた規定を満たす宝石のみに使われます。

アンモナイトが悠久の時を経て、虹色の輝きを得たものだけをアンモライトと呼ぶのです。この宝石名は産地と品質を限定しているので、ほかの産地ではたとえ虹色の宝石化が進んだアンモナイトがあっても「アンモライト」としては扱われません。

つまり、アンモライトと名付けられたアンモナイトは、アルバータ州のみの地域限定ブランドの宝石と言えます。

ちなみに宝石化したアンモナイトは、アルバータ州に限らず、ヨーロッパやアジアなど世界各地で見つかっています。国内では北海道を中心に数百種類が見つかっており、宝石化した美しいアンモナイトを見ることができます。

アンモライトの見た目と輝きは?

アンモライトはアンモナイトの化石が長い年月をかけ、宝石と同化して生まれる不思議な石です。原石はさまざまな色模様をしていますが、主に深紅と緑がよく見られます。

光を当てる角度によっては、七色すべての色を確認できます。
また、アンモナイトの細かい線状模様にはじめ、地層の形状もそのまま模様として残っています。

数千年もの時間をかけて生成された輝きは、アンモライトに太古のロマンを感じることができます。

どんな効果が期待できる石なの?

アンモライトは憂鬱な気持ちを払って、幸運を呼び込む天然石です。長年の時を経て生成される成り立ちから、周囲に惑わされず何事にも囚われない芯の強さを与えてくれるとも考えられています。

また、視野を広げて想像力を高める天然石なので、アイデアや新しい事業を手掛けたいといったクリエイティブな活動へのお守りにもおすすめですよ。

こんなアイテムに加工されています

アンモライトは1960年代に宝石として販売されるようになりました。アンモライトをカットし、七色に輝くペンダントやイヤリングなどに加工されています。

小さいサイズで磨き上げられたアンモライトは、宝飾品にはめこまれることもあります。日本はアンモライトの市場として有名で、ファンが多い国でもあります。

そのままアンモライトの模様やうずまき状が楽しめる、原石の状態で販売されたものも多くあります。

アンモライトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Ammolite
和 名:菊石(アンモナイト)
色 彩:赤、黄色、緑など
石言葉:過去の思い出
原産地:カナダ アルバータ州
組 成:CaCO3
硬 度:4.0
比 重:2.65

アンモライトと組み合わせると良い石

アクアマリンは「運気を高めて幸運をもたらす」
マザーオブパールは「心身を落ち着けて心の安定を産む」
ジャスパーは「持ち主に自信をもたらしビジネスを繁栄させる」
サファイアは「持ち主の意志を貫く継続力をサポート」
アクアマリンは「心身に余裕をもたらす」
マラカイトは「物事を前向きに捉えられるようになる」
シベライトは「心の傷を癒して希望をもたらす」
トルマリンは「マイナスエネルギーを防ぐ」

アンモライトのヒーリング

・自分の中にある輝く才能を見つける
・物事への視野を広げる
・想像力を高めて新しいアイデアを生む
・憂鬱な気持ちを取り払う
・人生の暗闇に希望をもたらす
・何事にも囚われない柔軟さ
・持ち主に幸運を呼び込む
・他人に惑わされない芯の強さを養う

アンモライトの浄化・お手入れ

アンモライトは化石なので、とても硬度が低く傷つきやすいです。特に地表から浅いところで見つかったものは、薄く簡単に破損するので取り扱いには注意しましょう。

流水を使っての浄化は、アンモライトの破損につながるので控えてください。また、長時間紫外線に当てることも、退色の原因になります。

アンモライトに衝撃が加わらない、水晶クラスターやホワイトセージを焚くといった浄化方法を選びましょう。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 ×
月光 〇
浴水 ×

アンモライトのまとめ

アンモライトは、アンモナイトの化石の中で宝石化したごく一部の名称です。化石に宝石の成分が加わり、長年圧力を与えられることでできる輝きは、色彩豊かで複雑な輝きです。

アンモライトは自分の中にある才能や輝きを見出してくれると言われています。今後新しいことに挑戦したい、成功させたい夢がある方のお守りとなってくれることでしょう。

原石そのままのアンモライトもあれば、小さく加工されたアクセサリーもあります。日々のお守りとして、気になるアンモライトをそばに置いてみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-アンモライト

© 2021