天然石の名前で検索

パイプストーン

パイプストーンとは?産地・硬度と天然石の特徴

バイヤー山本
パイプストーンという天然石をご存知ですか?別名カトリナイトと呼ばれる石で、赤茶色の粘土のような見た目をしています。特殊な粘土岩はミネソタ州でのみ産出される希少な石で、かつてネイティブアメリカンが儀式用のパイプを作る際の材料にしていました。この記事ではめずらしい天然石であるパイプストーンの特徴やヒーリングをご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でパイプストーンを検索

パイプストーンの豆知識天然石コラム

産地について

パイプストーンの産地はアメリカのミネソタ州です。また、採石場はミネソタ州パイプストーン郊外のパイプストーン国定公園の中にあり、現在はむやみに採掘されない希少な場として保存されています。ほかにもパイプストーン川のオンタリオ州やカナダの一部でも見つかっていますが、現在は採掘そのものが禁止されています。

そのため流通するパイプストーンはミネソタ州のパイプストーン国定公園です。パイプストーン国定公園は1937年に設立されました。国立公園局の管理下にある地で、観光地として知られています。

名前の由来について

パイプストーンの名前は、ネイティブアメリカンがパイプの加工にパイプストーンを使っていたことが関係しています。
パイプストーンは採掘時にやわらかく変形できる、粘土質の石です。これはカトリナイトと呼ばれており、ほとんど石英(クォーツ)を含まないことが特徴です。ネイティブアメリカンはこの粘土質のパイプストーンをパイプ状に変形して、神聖な儀式のために使っていました。

ちなみに産地によってパイプストーンのやわらかさや質感が異なる点も、特徴です。
最初にパイプストーンが発見されたのは1835年です。アメリカの画家ジョージカトリンが、採石場を訪れたことがきっかけだと記録されています。

しかし、パイプストーン自体について記した最古の記録は別にあり、1382年頃と言われています。もともとネイティブインディアンが儀式に使っていた石で、1630年代までには採石場を使用してパイプストーンを加工していたと考えられています。

パイプストーンの見た目と輝きは?

パイプストーンは不透明な赤茶色をしています。ネイティブアメリカンが儀式をする際に、タバコのパイプのように加工していました。イリノイ州のブラックホーク州立史跡をはじめ、アメリカの複数の美術館でネイティブアメリカンが作ったと思われるパイプストーンが展示されています。

ミネソタ州のパイプストーンはバターのようにやわらく、なめらかな質感のため簡単に細かいデザインを施せる扱いやすさが特徴です。

パイプストーンの赤色は鉄化合物による影響で、採れたてはピンク色に近い色彩です。空気に触れるとすぐに酸化鉄に変わるため、色味が黒っぽく変化します。ちなみにユタ州で産出されるパイプストーンは、、硬い粘板岩の堆積物の間に発生します。そのため、産出する層の場所しだいで、硬い部分もあればやわらかいパイプストーンがあります。

どんな効果が期待できる石なの?

パイプストーンはネイティブアメリカンが儀式に使っていた、神聖な石です。アメリカは宇宙や霊的な世界とつながりを深めるパワースポットが点在している場所です。その地にあるパイプストーンにも、霊的なエネルギーがあり、先祖や精霊との交信を手助けすると言われています。

持ち主に眠るスピリチュアルエネルギーを開花させるきっかけを与え、さらなる高次へと導いてくれます。

こんなアイテムに加工されています

パイプストーンは非常に希少で、簡単に出回らない天然石です。販売されるものは小型で、ペンダント用に加工された三角形や丸型などが流通しています。

主にひもを通してネックレスやブレスレットとして身に着けられています。

パイプストーンの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Pipe Stone
和 名:カトリナイト:パイプストーン
色 彩:不透明な赤茶色
石言葉:先祖や精霊との交信
原産地:アメリカ ミネソタ州
組 成:なし
硬 度:採掘直後はやわらかく時間経過で硬化する
比 重:なし

パイプストーンと組み合わせると良い石

パイプストーンはほかの天然石と組み合わせて使用する機会がほとんどありません。そのため、基本的に単体で使うことをおすすめします。

もしパイプストーンとほかの石を組み合わせるのなら、本水晶などのエネルギーの浄化作用がある天然石がおすすめです。

パイプストーンのヒーリング

・大地とのつながりを深める
・先祖や精霊との交信を手助けする
・持ち主のスピリチュアルなエネルギーを覚醒させる
・邪気を祓う

パイプストーンの浄化・お手入れ

パイプストーンはやわらかい粘土質から、空気に触れることで固く変化する特性があります。そのため硬度が非常に低く、水や日光に弱いです。基本的に浄化する際は日光浴や流水にさらす方法は控えましょう。

硬度が低いため傷もつきやすい天然石です。そのため強い力でこすったり、落としたりしないよう気を付けてください。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 ×
月光 〇
浴水 ×

パイプストーンのまとめ

パイプストーンはネイティブアメリカンが古くから、儀式用に使ってきた歴史ある石です。粘土質のため、採掘後は儀式用のパイプに加工されてきました。日本では非常にめずらしい石ですが、先祖や精霊との交信をサポートする神秘的な石として、コレクターの間で人気があります。

スピリチュアルなエネルギーを高めたい方は、ぜひパイプストーンを身に着けてみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
バイヤー山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガネーシャ編集長

株式会社さくらの情報配信担当ガネーシャ編集長です。愛知県岡崎市にある天然石sakuraというお店とネットショップコムローズ(Comrose)を運営する傍ら、天然石の情報を日々お届けしております。コラムが参考になった方はぜひSNSからフォローよろしくお願いします。お店へのご来店もおまちしておりますよ!

-パイプストーン

© 2022