天然石の名前で検索

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)とは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

皆様、バイトウナイトはご存知ですか?

別名でゴールデンラブラドライトとも呼ばれる三斜晶系の鉱物で、和名の亜灰長石(あかいちょうせき)の名前にあるように長石のグループに属しています。

ラブラドライトという名がついていますが、厳密に言うと成分の比率が違う同じグループの連続固溶体で、鉱石としては別のものです。

斜長石の中でも比較的稀に産出される鉱石としても知られており、宝石に使われるきれいなものとなると極めて希少なため、あまり市場には出回らず貴重なものとして扱われています。

パワーストーンとしても人気が高く、やるべきことへの気づきを与えるなど、目標達成についての意味もつ天然石としても知られています。

そんな、バイトウナイトについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でバイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)を検索

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)の豆知識天然石コラム

産地について

バイトウナイトは、斜長石グループに分類されており、長石の産出地で取ることができます。長石は玄武岩を含む火成岩や堆積岩、変成岩などに含まれており、地殻の大部分を占める鉱物です。そのため、長石系の鉱物は世界中のあらゆる鉱山で産出されますが、その中でバイトウナイトの産出量は少なめで、市場に出回るものはメキシコのチワワ州で取れたものがほとんどです。そのほか、アメリカのオレゴン州や発見地のカナダ、マダガスカル、フィンランド、イタリア、稀に日本でも採掘されます。

名前の由来について

バイトウナイトの名前の由来は、カナダにあるバイタウン(Bytown:現在のオタワ)で発見されたことから、地名に因んで名付けられたため、バイタウナイトと呼ばれることもあります。そのほかにゴールデンラブラドライトと呼ばれることもありますが、ラブラドライトの名前をつけて呼ばれるようになるまでの経緯は少々複雑です。

バイトウナイトが属する長石は亜種・変種が多い鉱石としても知られており、入り組んだグループ構成になっています。分類としてはカリ長石からナトリウム長石までのムーンストーンなどの固溶体を擁するアルカリ長石グループと、ナトリウム長石(アルバイト/曹長石)からカルシウム長石(アノーサイト/灰長石)までの固溶体が含まれる斜長石グループの2つに大別されます。

斜長石に属する鉱石はアルバイト、サンストーン、アンデシン、ラブラドライト、バイトウナイト、アノーサイトと細かく分かれていましたが、固溶体を2点間の50:50で区別する50%ルールにより曹長石と灰長石の2つに分けられました。その際、バイトウナイトはアノーサイトに近い成分比率のため、灰長石側に振り分けられ、成分の種類的に隣り合うラブラドライトにまとめられて、ゴールデンラブラドライトと呼ばれるようになりました。更に厳密に言えば、ラブラドライトもバイトウナイト同様に灰長石の組成を持っているものの独立種ではなく、鉱石の正式名称は大分類としてはフェルスパー(長石)、グループ分類としてはアノーサイト、流通名や宝石名はラブラドライトが用いられています。

このように大変入り組んでいるためわかりにくいですが、バイトウナイトは過去に使われていた名前が現在でも呼称として残っていて、ラブラドライトと分けて呼ぶ際の俗称ということになります。

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)の見た目と輝きは?

バイトウナイトは、ガラス光沢を持つ透明感のある鉱石で、薄黄色から黄色までの濃淡が見られます。別名にラブラドライトという名前が含まれていますが、ラブラドライトの特徴として挙げられる虹色に輝く遊色効果のラブラドレッセンス(イリデッセンス)は示さないため、見た目の上では完全に別物です。

ゴールド・ラブラドライトと言う名前で不透明の鉱石が流通していることがありますが、ラブラドレッセンスやキラキラ輝くシラー効果を持っている場合は、通常のラブラドライトと同様の組成を持っている、インドラの残光などの異名をもつミャンマー産のラブラドライトで、バイトウナイトとは成分比率が違うためこちらも固溶体ではありますが違うものといえます。

どんな効果が期待できる石なの?

バイトウナイトは、今世で自身がやるべき使命や目的に対しての気付きを与える意思の意味を持っています。魂を成長させ、想像力や直感力、洞察力などの能力を育み、心を前向きにして目標達成の一助になるという効果が期待できます。

また、内面の迷いやストレスを緩和させ、精神を癒やすといったヒーリング効果もあるとされています。自分に自信が持てなくてつまづいていたり、創作を行うもイメージが浮かばなかったりといった、停滞したやる気や発想を高めたい方におすすめです。

こんなアイテムに加工されています

バイトウナイトは、ジュエリークオリティのものはカットを施され宝石として扱われ、それ以外のものはビーズやタンブルなどに加工されブレスレットや、ペンダントなどのアクセサリーに使われます。

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)の基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Golden Labradorite/Bytownite
和 名:亜灰長石(あかいちょうせき)
色 彩:淡黄色から黄金色
石言葉:慈愛と慈しみ
原産地:メキシコ・チワワ州、アメリカ・オレゴン州、カナダ、マダガスカル、フィンランド、イタリア、日本
組 成:(Ca[Al₂Si₂O₈])₅₀~₇₀+(Na[AlSi₃O₈])₅₀~₃₀
硬 度:6~6.5
比 重:2.69~2.72

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)と組み合わせると良い石

・ムーンストーンは「進むべき道へと導く」
・プレナイトは「自身に必要なものを選び取る洞察力を高める」
・ラピスラズリは「眠った能力を開花させ、新たな力を得る」
・タンザナイトは「ピンチを乗り越え、チャンスを掴む」
・アメジストは「発想力を向上させ問題解決を助ける」

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)のヒーリング

・使命や目的を気付かせる
・魂の成長
・想像力の向上
・洞察力、直感力を高める
・目標達成
・ストレスの緩和
・精神を癒やす

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)の浄化・お手入れ

バイトウナイトは、全ての浄化・お手入れ方法に適しています。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ◎
月光    ◎
浴水    ◎

バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)のまとめ

バイトウナイトは、虹色の光沢といったラブラドライトの特徴は持っていないものの、透明感のある美しい見た目から、宝石として多くの人に愛されています。

また、目標達成や使命に対しての気づきといった、自分が成すべきことへと導く意味を持っており、目標を見失っていたり、物事の成果がなかなかあがらず悩んでいたりする方におすすめの天然石です。

そのほかにも、心を癒やすヒーリング効果も期待できるので、精神的に疲れているなと感じる方もぜひチェックしてみてください。

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-バイトウナイト(ゴールデンラブラドライト)

© 2021