天然石の名前で検索

シナバークォーツ

シナバークォーツとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
シナバークォーツという水晶をご存知ですか?水晶と言えばガラスのように透明なイメージがありますが、シナバークォーツは白い水晶に赤い模様が入った独特のコントラストが映える見た目です。中国やインドでは不老長寿の霊薬として重宝された歴史もあり、今も希少な石として親しまれています。この記事ではシナバークォーツの見た目の特徴や産地などを解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でシナバークォーツを検索

シナバークォーツの豆知識天然石コラム

産地について

シナバークォーツの主な産地は、中国やアメリカ、メキシコなどです。水晶は世界各地で産出される石ですが、その中でもシナバークォーツは主に中国やアメリカなどに産出が集中しており、かつて中国やインドなどのアジアではシナバーが不老長寿の霊薬として流通していました。

道教ではシナバークォーツを主原料にした薬を作る「錬丹術」が発展し、当時はシナバーを煎じた薬をとることが不老不死につながり、空中を飛び、神や仙人の境地に至ると考えられていたのです。

今でもシナバークォーツは漢方薬の世界で使われており、解毒薬として精神安定やめまいなどの体の不調に役立てられています。しかし、シナバーそのものは水銀であり、むやみに摂取すると命に関わる危険性があります。

中国の皇帝たちは不老長寿のために、シナバークォーツを含む薬を服用していましたが、水銀の影響によりいずれも短命だったと言われています。

名前の由来について

シナバークォーツの名前は、ペルシア語で「竜の血」という意味を持つ言葉が由来です。白い水晶に赤い血のような模様が入った姿をもとに、紀元前2,000年頃に発掘されていたスペインによって名付けられました。

ちなみに和名では赤い見た目から「朱砂(しゅしゃ)」や、ドラゴンを意味する「辰砂(しんしゃ」と呼ばれています。シナバーと水晶の2つのエネルギーを感じとれる強力なパワーストーンとして、世界中から注目されています。

シナバークォーツの見た目と輝きは?

シナバークォーツは白い水晶に赤い斑点のような模様が入った特徴的な見た目をしています。この独特な赤色は、水銀と硫黄が合体することで生まれます。

ちなみに水晶(クォーツ)を含まないシナバーのみも採掘されますが、アクセサリーとして加工される機会は少なく原石の状態で流通しています。

日本でも弥生時代から、古墳や石桶の彩色にシナバークォーツが使われてきました。かつて三重県の丹生鉱山でシナバークォーツが見つかっていたものの、今は閉山しており年々希少性が高まっています。

どんな効果が期待できる石なの?

シナバークォーツは賢者の石と呼ばれるように、優れた不老不死の妙薬だと信じられてきました。

今でも生命力を高めるストーンとして、ヒーラーに高い人気を誇っています。ほかにも眠っている能力を引き出したり、今すべきことに気づく本質力をサポートしたりします。

また、心身のバランスを整えて安心感のある日々を送るためのヒーリングストーンとしても活躍します。

こんなアイテムに加工されています

シナバークォーツは独特のカラーを活かした、おしゃれなパワーストーンブレスレットやネックレスに加工されています。

シナバー単体ではほとんどが原石結晶ですが、加工しやすいクォーツと混ざり合ったシナバークォーツはアクセサリーとして高い人気を誇っています。赤と白のコントラストは存在感抜群で、個性的なデザインのパワーストーンをお探しの方にもおすすめです。

シナバークォーツの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Cinnabar
和 名:朱砂(しゅしゃ)・辰砂(しんしゃ)
色 彩:赤いシナバーが白いクォーツに混ざった見た目
石言葉:天啓・示唆
原産地:中国・アメリカ・メキシコなど
組 成:Hgs
硬 度:2.0~2.5
比 重:8.09

シナバークォーツと組み合わせると良い石

スモーキークォーツは「心身を休めて深い安らぎを与える」
アゼツライトは「幸せな未来をつかみとる」
インカローズは「目に直接見えない本質に気づく」
ガーネットは「目標や夢に向かって努力を続ける」
本水晶は「周囲のマイナスエネルギーを浄化する」
翡翠は「洞察力と忍耐力を養う」
ラリマーは「心身のバランスをとるサポート」
ハウライトは「マイナス感情を鎮めて穏やかにする」

シナバークォーツのヒーリング

・人生の目的に気づかせる
・今すべきことを見極める本質力を鍛える
・物事を達成するやる気と継続力を与える
・安心感のある日々を送る
・理解力や読解力を深める
・不必要なものを手放す勇気を与える
・ひらめきや直感力を高める
・物事を成功させる自信を得る

シナバークォーツの浄化・お手入れ

シナバークォーツは日光に長時間当たると変質するリスクがあります。そのため、基本的には日光浴を控えて別の方法で浄化しましょう。

また、水溶性の水銀ではないものの、水にさらすことで変質する可能性があるため、シナバークォーツは浴水による浄化もあまりおすすめできません。

ホワイトセージや水晶クラスターなどを使った、空間ごと浄化する方法を選びましょう。

クラスター 〇
セージ 〇
太陽光 ×
月光 〇
浴水 ×

シナバークォーツのまとめ

シナバークォーツは古くから不老長寿の妙薬として重宝された、歴史ある天然石です。

水銀と硫黄によって生まれる深みのある赤に、白い水晶と混ざり合ったコントラストが映える見た目は、一度見ると忘れられないインパクトがあります。

昔は大量のシナバークォーツが見つかっていましたが、年々産地が限定されている希少なパワーストーンになりつつあります。シナバークォーツに興味のある方はパワーストーン専門店などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-シナバークォーツ

© 2021