ストーンカテゴリー ムーンストーン 天然石コラム

ブルームーンストーンとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
6月の誕生石として人気のムーンストーン。
その中でも、青色に光輝くものは「ブルームーンストーン」と呼ばれます。
ブルームーンストーンはジュエリーとしても人気の天然石です。

また、6月の誕生石という事もあり、ジューンブライドの花嫁へのプレゼントにも選ばれることがあるのです。
今回は、そんなブルームーンストーンについてご紹介したいと思います。

ブルームーンストーンブレス

「ComRose」でムーンストーンを検索

ブルームーンストーンの豆知識!天然石コラム

ムーンストーンは、月の光のようにやさしく輝く天然石です。
ムーンストーンは月長石(げっちょうせき)という和名でも呼ばれています。

ちなみに、ムーンや月と呼ばれるようになったルーツは、長石類を「カボション・カット」という宝石のカット法で処理した際に出る「ブルーやホワイトの光沢を、月光に見立てたことによる」といわれています。

「カボション・カット」とは、石を丸い山形に整えて研磨し、光の反射ではなく、石そのものの光沢を生かすカットのことです。
ちなみに、「カボション」とは中世のフランス語で「頭」を意味します。

ブルームーンストーンは当初、スリランカが主な原産国でしたが、しばらくしてインドや複数の鉱山でも産出されるようになりました。なので近年ではスリランカ産で特にブルーシラーが輝く美しいものを、「ロイヤルブルームーンストーン」と呼ぶようになりました。

また、オーストリアのアデュラー山脈で産出されている特に美しいものは、「アデュラリアンムーンストーン」と呼ばれたりもします。

同じムーンストーンにも様々な名前がついているのですね!

また、中には「七色の光」を放つブルームーンストーンもあり、そのようなレア物は「ムーンストーンレインボー」と呼ばれたりもしているそうです。

ブルームーンストーンの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Blue Moonstone
和 名:月長石(げっちょうせき)
色 彩:紺青色、瑠璃色

誕生石:6月
石言葉:恋の予感、健康、幸運、希望、長寿
原産地:原産地はおもに、インド、スリランカ、ミャンマー、オーストラリアなど。
最高品質のものは、スリランカ産。

結晶系:単斜晶系
光 沢:ガラス光沢
組 成:K(AlSi3O8)
硬 度:6.0~6.5
比 重:2.55~2.63

ブルームーンストーンのヒーリング

愛と希望の石

・トラウマの癒し
・女性性を高める
・月のエネルギーを受容する
・感受性を高める
・将来への見通し、未来予知
・宇宙意識と繋がる
・永遠の愛を象徴する
・愛を伝える石

ブルームーンストーンと組み合わせると良い石

トパーズとの組み合わせは、「進むべき方向性を気づかせてくれる」
ラブラドライトとの組み合わせは「心と体の休息をしっかりとサポートしてくれる」
カルセドニーと組み合わせると、「人の考えを読み取りやすくなれる」

このように複数の天然石を組み合わせることで、いろいろな力を発揮すると言われています。

ブルームーンストーンの浄化・お手入れ

月のエネルギーを秘めているとされる石ですので、満月の夜に月光浴での浄化をオススメします。
また紫外線にも水にも耐久性が強いので、太陽光や流水での浄化もいいでしょう。

クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ◎
月光    ◎
浴水    ◎

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ストーンカテゴリー, ムーンストーン, 天然石コラム

© 2021