アイボリー(象牙) ストーンカテゴリー

アイボリー(象牙)とは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

日本では昔から印鑑や根付の素材として馴染み深いアイボリー(象牙)ですが、実は「気品のある優しさ」や「倫理的な強さ」などをもたらすパワーアイテムと言われています。

あの10円玉で同じみの正倉院の宝物として保管されている、「紅牙撥鏤尺」という物差しも象牙で作られていて、さらに驚くことに古代ギリシャ時代のパルテノン神殿の中にも象牙で作られたアテネ像があるそうです。

そんな神秘的な魅力を放つアイボリーですが、現在、ワシントン条約によって輸入が禁止されているので、手に入れるのは難しくなっているのが現状です。

当店では取り扱いはございませんが、皆様が象牙購入にまつわるトラブルに巻き込まれないよう注意点も詳しくご紹介していきますので最後までお読みください。

「ComRose」でアイボリーを検索

アイボリー(象牙)の豆知識天然石コラム

産地について

アフリカゾウやアジアゾウの生息地が産地となりますが、現在は象牙の輸入は禁止されています。

【アフリカゾウの生息地】

  • タンザニア
  • アンゴラ
  • ウガンダ
  • エチオピア
  • エリトリア
  • ガーナ
  • ガボン
  • カメルーン
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • ケニア
  • コートジボワール
  • コンゴ共和国など

【アジアゾウの生息地】

  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • スリランカ
  • タイ王国
  • マレーシアなど

 

 

名前の由来について

象牙の英名はアイボリーで、語源の「Ivory」は、ラテン語で象牙を意味する「ebur」「eboris」から名付けられたと言われています。

*象の牙は門歯(切歯)が発達したものです。

象牙の見た目と輝きは?

色は白色で、時間がたっと黄色がかってくる場合があります。よく見ると、象牙にはロゼット模様と言われる特徴的な模様があり、偽物が多く出回る象牙の真贋を鑑別する時には、この模様が有るか無いかで見分けるそうです。ロゼット模様は骨やプラスチックなどを使用した模倣品や他の動物の牙などには見られない象牙にしか現れない独自の模様です。
*ロゼット模様:隙間の狭い曲線がいくつもある模様で、エンジンターンとも呼ばれています。

象牙のちから

象牙にもパワーストーン同様に目には見えない力があると言われていて、昔から権力者などに好まれていました。代表的な象牙のパワーをいくつかご紹介していきます。

  • 失ってはいけない優しさを保つ
  • 気品と清純さを併せ持つ
  • 倫理観の向上
  • リラックス効果

こんなアイテムに加工されています

象牙は様々なアイテムに加工されていて、代表的なものは、印鑑・根付・香炉・ブレスレット・仏像などです。また、部屋に飾るアイテムとして、原木や磨きと呼ばれる象牙の全形が保持されているものも販売されています。しかし、全形を保つ象牙はワシントン条約締結以後、管理が厳格化されているため購入には細心の注意が必要です。

象牙購入時の注意点

象牙は1989年にワシントン条約によって輸入が全面的に禁止され、1995年以降は登録票が必須となりました。ただ登録票が必要な象牙は全形を保っているものとされていて、解りやすく説明すると牙の形がまるまるあるものの事です。印鑑や仏像など全形を保っていないものには登録票は必要ないようです。ちなみに罰則もあり、違反した場合には5年以下の懲役もしくは500万以下の罰金があります。トラブルに巻き込まれないためにも、象牙(アイボリー)は信頼のおける店舗で購入することをおすすめします。

象牙が漢方薬に!?

象牙は調度品やアクセサリーだけでなく漢方薬にも使われるそうです。漢方薬として象牙屑と呼ばれ、効能は多岐にわたり解熱・精神安定・筋肉増強・解毒・癇癪・痙攣・寝汗・喉の腫れなど様々な症状に処方されるそうです。流通が規制されている象牙が原料のため正確な値段はわかりませんが、漢方薬の世界では高額な値段で取引されているようです。

アイボリー(象牙)の基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Ivory
和 名:象牙(ぞうげ)
色 彩:白色・乳白色・黄色
原産地:アフリカ・アジアの密林
組 成:(Ca3OH)2(PO4)6CA4
硬 度:2.5
比 重:1.7~2

アイボリー(象牙)の浄化・お手入れ

象牙は丈夫なため扱いは特に難しくありませんが、時間が経過すると黄ばみが出る場合があります。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ✕
月光    ◎
浴水    △

アイボリー(象牙)のまとめ

今回は天然石ではありませんでしたが、昔から日本人に愛され利用されているアイボリー(象牙)についてご紹介しました。

とても魅力的ですが、残念なことに象は絶滅に向かっていることも事実です。

ワシントン条約で輸入を禁止されてからも、印鑑やアクセサリーなどの原料として象牙が日本で流通してしまっている現状を考えると、密猟された象牙を輸入している可能性が高いと専門家の方がおっしゃっていました。象牙の形状を保っていなければ登録も必要ないため、今後も印鑑などとして象牙は流通していくと考えられます。

象の絶滅を避けるためには、より厳格に象牙を管理していく必要があるかもしれません。

 

 

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-アイボリー(象牙), ストーンカテゴリー

© 2021