天然石の名前で検索

グリーンフローライト

グリーンフローライトとは?産地・硬度と天然石の特徴

バイヤー山本

皆様、グリーンフローライトはご存じですか?

フローライトはフッ素を含むフッ化物で工業用に広く使われる鉱石として知られています。

トルマリンなどのカラーバリエーションが豊富な石と遜色ないほど色合いは多彩で、そんなフローライトのなかでも2番めに採掘量の多いものがグリーンフローライトです。

工業利用だけではなくアクセサリーとしても人気があるほか、心を穏やかにする癒やしのパワストーンとしても多くの人に愛されています。

そんなグリーンフローライトについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でグリーンフローライトを検索

グリーンフローライトの豆知識天然石コラム

産地について

グリーンフローライトは、ハロゲン化合物のなかでもフッ素を含むフッ化物に分類され、工業分野で活発に使われている、世界的に見ても重要な鉱物として知られています。多くの地域で産出される鉱石としても有名で、色付きフローライトのなかでは最も多い紫色のものに次ぐ採掘量で、比較的ポピュラーな天然石です。主な産地としてアメリカのイリノイ州や中国湖南省の郴州(チン州)市のほか、イギリスにあるロジャリー鉱山やモンゴル、ドイツ、スイスなどが挙げられます。

日本でも昔は採掘されていましたがほぼ取り尽くされてしまい、1972年には鉱脈が枯渇したと公表されました。そのほか、大量採掘の影響でモンゴルでも大幅に産出量が激減するなど、世界的に見ても埋蔵量は減少傾向にあるといえます。

名前の由来について

グリーンフローライトはその名の通り、緑色に発色しているフローライトということから呼ばれています。元となるフローライトは融点が低い鉱石として知られており、水などに溶けやすい性質を指し、ラテン語で流れるという意味を持つfluereに因んで名付けられました。フローライト自体が溶けやすい性質を持っていますが、それに加えて鉄鉱石を溶かし液体に変容させる性質もあることはあまり知られていません。

蛍石という和名の由来は、フローライトの結晶を高温で加熱すると蛍光発色する性質に因んだものですが、加熱すると割れて弾け飛ぶ可能性が非常に高いので、熱するのはやめておいたほうがよいでしょう。

稀に中国やイギリスで取れたもののなかから紫外線を充てると蛍光発色するものもあり、こうした発光効果をフローライトの名前に因んでフローレッセンスと名付けられています。

グリーンフローライトの見た目と輝きは?

グリーンフローライトはグリーンという名前に現れている通り緑色をしている鉱石で、フローライトらしい柔らかな発色が優しい印象を与えます。

非常に色が多いフローライトなだけに緑の種類も豊富で、明るいものから落ち着いたもの、青みがかったものまで幅広く、それらは細分化されず、総じてグリーンフローライトと呼ばれています。

どんな効果が期待できる石なの?

グリーンフローライトは、感情を落ち着かせ心を安定させるといった癒やしの効果があるとされています。そのため、リラックス効果が期待できる石を探している人や気を使いすぎて疲れてしまっている人などにおすすめです。

また、心身のバランスを整え内面を温和にするため、人とのコミュニケーションを円滑にし、周囲との摩擦を減らせるため、新しい環境に飛び込んだり、人付き合いが増えて相手を不快にさせないか心配になったりしたときにもちょうどよい意味を持った天然石といえるでしょう。

そのほか、心の安定に加え、頭の疲れを和らげ、集中力と思考力を取り戻すのに役立ちます。脳を活性化させるため天才の石と呼ばれ、学習や仕事でよいパフォーマンスができるようサポートすると言った効果が期待できるため、受験のお守りとしても人気があります。

こんなアイテムに加工されています

グリーンフローライトは、ビーズなどに加工しアクセサリー用途で使われる場合があります。そのほか、色のないフローライトは工業用に加工される場合が多く、天然フローライトを元にした人工結晶を写真用高画質レンズにするなど、パワストーンだけではない、さまざまな用途に用いられます。ただし、硬度が低く劈開性により割れやすいため、取り扱いには十分な注意が必要です。

グリーンフローライトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Green Fluorite
和 名:蛍石(ほたるいし)
色 彩:緑色
石言葉:天才の石、記憶力・思考力の向上
原産地:アメリカ、イギリス、カナダ、中国など
組 成:CaF₂
硬 度:4.0
比 重:3.18

グリーンフローライトと組み合わせると良い石

グリーンフローライトは、心を穏やかにする、心身を安定させるといった柔らかい意味を持っており、合わない石はほとんどありません。緑色以外のフローライトも色によって独自の意味を持っているため、異なる色のものと組み合わせると、同じ石なだけに相性は抜群です。そのほか、クォーツなどの効果を高めるものや、アメジストのように癒やしの力を持つもの、タンザナイトやソーダライトなどの学力向上の意味を持つ天然石と合わせるとより高いヒーリング効果が期待できるでしょう。

グリーンフローライトのヒーリング

・受験のお守り
・ストレスを軽減
・不安感などのネガティブな感情を解消
・集中力を高める
・思考力、記憶力の向上
・頭の疲労を和らげる

グリーンフローライトの浄化・お手入れ

グリーンフローライトは劣化に繋がる恐れがあるため、水を使用した浄化は避けましょう。そのほか、長時間太陽光に充てると変色する可能性もあるため、日光浴はおすすめしません。また、モース硬度が低く脆いという特性があるので、取り扱いには十分な注意が必要です。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   △
月光    ◎
浴水    ×

グリーンフローライトのまとめ

グリーンフローライトは深い癒やしの効果があるだけではなく、集中力や思考力を高める効果が期待できるため、受験に限らずなにかを覚えたい、学習して知識を蓄え人生を豊かにしたいという人におすすめの天然石です。

キレイなグリーンの見た目もアクセサリーにちょうどよく、おしゃれ目的にも使いやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。

日本で一番天然石を語る
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
バイヤー山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガネーシャ編集長

株式会社さくらの情報配信担当ガネーシャ編集長です。愛知県岡崎市にある天然石sakuraというお店とネットショップコムローズ(Comrose)を運営する傍ら、天然石の情報を日々お届けしております。コラムが参考になった方はぜひSNSからフォローよろしくお願いします。お店へのご来店もおまちしておりますよ!

-グリーンフローライト

© 2022