ストーンカテゴリー フローライト(蛍石) 天然石コラム

フローライトとは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本
「天才の石」と称されることもある天然石「フローライト」。
この石は非常にカラーバリエーションが豊富で、紫外線をあてると発光するものもある人気の天然石です。

今回はそんなフローライトについて特徴などを少し詳しく確認してみたいと思います。

フローライト

「ComRose」でフローライトを検索

フローライトの豆知識天然石コラム

フローライトの名前の由来は、ラテン語の「fluere(流れる)」です。
フローライトは「心」と「体」、「アイディア」と「行動」、「周囲」と「自分」など、矛盾しがちなエネルギーバランスを調和させてくれると言われています。
名前の由来の通り、滞っていた気の流れを整えてくれるパワーストーンなのです。

フローライトは見た目からも人気の高い天然石でカラーバリエーションも豊富です。その色彩は、透明・紫・ピンク・緑・青・黄色など様々あり、中には2色以上が層状に交じり合ったバイカラー(レインボーフローライトとも呼ばれる)もあり、とても幻想的なのです。

また原石の結晶の多彩さや美しさなどから、鉱物標本としての人気も高いストーンです。

ちなみにフローライトの和名は「蛍石」といいます。
これは、フローライトの破片を真っ暗な場所で火にくべると、パチパチと音を立て蛍のように光ることに由来します。

またフローライトの中には「紫外線」をあてると発光するものもあり、この蛍(ホタル)の発光現象と同じものだといわれているのです。
そのため、「蛍(ほたる)」の光現象のことを「フローレッセンス」と呼んだりするのです。

ちなみにこのフローライトは別名「天才の石」と称されることもあります。これは、フローライトの流れるという部分が大人になるにつれて固定化されてきた思考パターンや、抑圧された感情から自身を解き放つために働き、子どもの頃にあった自由で無邪気な発想や思考力を高めてくれるからだといわれています。

コレクションして、あなたの抑圧された想いを解放してあげることもいいでしょう。
ブレスレットにして、あなたの知性を存分に触発してあげるといいですね♪

フローライトの基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Fluorite
和 名:蛍石(ほたるいし)
色 彩:無色透明、緑、紫、青、黄色、灰色、褐色など

誕生石:ーー
石言葉:青:成功、黄色:柔らかな微笑み、ピンク:気品、幻想的、緑:秘められた美徳、2色:二面性と調和、3色:多面性、多色:願望達成、原石:秘密の恋
原産地:アメリカ、イギリス、カナダなど

結晶系:等軸晶系
組 成:CaF2
硬 度:4.0
比 重:3.18~3.25

フローライトは色別にエネルギー的特性が多少異なります。
あくまで傾向として、紫系統は明晰性や感受性を高める傾向があり、
緑色系統は癒し的に働き、グラデーションカラーのものは、想像力を高める傾向が強いようですね。

フローライトと組み合わせると良い石

ローズクォーツとの組み合わせは「恋愛の問題などのトラブル解決」
アンバーとムーンストーンとの組み合わせは「頭をクリアにし、インスピレーションを引き出す」

フローライトのヒーリング

・受験のお護りによし
・ネガティブな感情を解消する
・頭の疲れをとる
・集中力と思考力を高める
・より自由を求める心を強める
・記憶力を高める
・抑圧された感情の解放
・無邪気な発想と思考

フローライトの浄化・お手入れ

太陽光、水、塩などは変質のおそれがありますので、避けたほうがよいですね。
フローライトは、熱や紫外線による発光の他に、結晶軸に沿って規則正しく割れやすい性質です。
取り扱いには注意が必要です。

クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ×
月光    ◎
浴水    ×

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-ストーンカテゴリー, フローライト(蛍石), 天然石コラム

© 2021