天然石の名前で検索

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)とは?産地・硬度と天然石の特徴

コムローズ店長山本

皆様、アジュロマラカイトはご存知ですか?

和名で藍銅鉱孔雀石と呼ばれるこの鉱石は、アズライト(藍銅鉱)とマラカイト(孔雀石)が混ざり合って出来上がる、銅の二次鉱物で単斜晶系の天然石です。

アズロマラカイトやアズライトマラカイト、アジュール・マラカイトなど様々な名前で呼ばれるこの鉱石は、マウンテンブルーとも呼ばれる色味の美しさで古くから顔料として使われてきました。

古代のエジプトやマヤ文明では、神秘を司る石として崇め奉られ、儀式や壁画、その他にも砕いて薬としても使用していたとされており、魔除けなどのお守りとして現在も人気を集めています。

そんな、アジュロマラカイトについて紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

「ComRose」でアジュロマラカイト(アズライトマラカイト)を検索

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)の豆知識天然石コラム

産地について

アジュロマラカイトは、銅鉱床で産出されるため、比較的世界中で取ることができる鉱石です。なかでも、アメリカ・アリゾナ州で取れるものは色合いが美しく高品質で、そのほかにもロシア・シベリアや南アフリカ、コンゴ、モロッコ、中国、ナミビアなどが主な産出地として知られており、フランスのリオン近郊にあるシェシーで取れるものは、1800年代からの長い歴史があることからシェシー・ライトという名前で呼ばれることもあります。日本でも岩絵の具の原料として、秋田県の亀山盛鉱山などで取れていたといわれていますが、現在では取りつくしてしまったのか枯渇状態にあり、国内で産出されるのは非常に稀です。

アズライトが水を吸収し変色してマラカイトに変わり、マラカイトは安定しているため、アズライトが変質している際に産出されたものがアジュロマラカイトなのではないかといわれています。模様も一つとして同じものはなく、繊細で美しい模様をもつものはジュエリーとし用いられることもあるため、非常に高価です。

名前の由来について

アジュロマラカイトの名前は、アズライト(Azurite)とマラカイト(Malachite)が混ざり合って生成されることから、その名がつけられました。そのなかでアズライトは、ペルシャ語のLazhward(ラズワルド)を語源とする、青を意味するAzul(アジュール)から名付けられ、マラカイトは緑の模様からアオイ科の植物のゼニアオイに似ているということでギリシャ語のマラーキー(malache)から呼ばれるようになりました。和名の藍銅鉱孔雀石もそれぞれの名前を繋げたもので、藍銅鉱はその名の通り藍色の銅鉱物という意味で、孔雀石は孔雀の羽模様に似ているためつけられたといわれています。

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)の見た目と輝きは?

アジュロマラカイトはガラス光沢を持つほかに、アズライトの青色とマラカイトの緑色がマーブル状に混ざり合った色合いが特徴で、鮮やかな藍色が海のように、緑色が大地のように見えることで有名です。

どちらの鉱物もその鮮やかな色合いで、古くから顔料や絵の具として使われていました。アズライトは岩群青という名で日本をはじめとした東洋の絵画で広く使われ、一説ではラピスラズリよりも顔料として精製しやすいため15世紀あたりからの絵画で多く用いられているといわれていますが、多くがマラカイトとセットで取れるため分離精製するのが難しく、10倍近い高値で取引されたともいわれています。マラカイトも同じく岩緑青という顔料で知られていますが、古代エジプト王朝では、かのクレオパトラがアイラインなどの化粧品として使っていたというのも有名なお話です。

どんな効果が期待できる石なの?

アジュロマラカイトのような、2つの鉱物が混ざり合った鉱石は協調や調和をもたらすといわれており、友人や恋人、家族の絆を強く結びつけるという石の意味があるとされています。

その他にも心身のストレスや緊張状態を癒したり、悪夢を取り除き安眠効果が期待できる天然石です。安らぎを与えることのほかに、直下力や洞察力、基礎を確立するといった能力の向上効果もあるとされており、凝り固まった思考パターンをほぐして新しい能力や発想をもたらすといわれており、そうした石言葉と連動し、眉間のあたりの第6チャクラに影響があり、第3の眼により、障害となる思考の浄化など霊的な導きをもたらすともいわれています。

こんなアイテムに加工されています

アジュロマラカイトは、硬度が低く加工がしやすいため、古くから彫刻をしたカメオなどに使われており、現在ではカボションカットを施してペンダントヘッドなどにしたりビーズにしたりとアクセサリーに使用されることが一般的です。ただし、衝撃に弱く水や紫外線にも強くないので、取り扱いには注意が必要な石でもあります。

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)の基本情報(原産地や石言葉など。)

英 名:Azumalachaite
和 名:藍銅鉱孔雀石(らんどうこうくじゃくいし)
色 彩:無色・透明・半透明だが内包物によってピンクに発色する
石言葉:慈愛と慈しみ
原産地:フランス・チェシー、アメリカ・アリゾナ州、ロシア・シベリア、中国・安微省、南アフリカ、コンゴ、ナミビア、モロッコなど
組 成:CU₃(CO₃)₂(OH)₂
硬 度:3.5~4
比 重:3.7

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)と組み合わせると良い石

・ラピスラズリは「厄を払い、平穏をもたらす」
・ミルキークォーツは「幸運を招き、成功を手に入れる」
・アマゾナイトは「能力を高め、目標達成に尽力する」
・ゴールドルチルクォーツは「名声を高め、金運を引き寄せる」
・アメジストは「良縁をもたらし、絆を深め恋愛成就」

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)のヒーリング

・安眠へと誘う
・深い瞑想をもたらす
・ストレスを癒す
・友人や恋人、家族との絆を深める
・直観力・洞察力の向上
・思考の柔軟化
・新しい発想や能力をもたらす
・魔除けのお守り
・協調と調和

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)の浄化・お手入れ

アジュロマラカイトは水分と紫外線に弱いため、太陽光や浴水・流水での浄化は避け、クラスターやセージ、月光浴をおすすめします。
クラスター ◎
セージ   ◎
太陽光   ×
月光    ◎
浴水    ×

アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)のまとめ

アジュロマラカイトは、地球を表すかのような美しい色合いで、古くは顔料として、現在はアクセサリーとして愛されている天然石です。2つの色が見事に混ざり合っており、協調と調和を意味するとして、人との絆を深める石言葉があると知られおり、その他にも、ストレスや緊張を癒し安眠をもたらしたり、洞察力を向上したりと様々な効果が期待できます。

最近なんだか寝付けないという方や、緊張感が取れず身が詰まるといった悩みや、対人関係でうまくいっていないという方にもおすすめの天然石ですので、ぜひチェックしてみてください。

日本で一番天然石を語るComRose
無料のオンライン勉強会

パワーストーン 勉強会



ツイッター♪フォローミー

天然石コラムの索引
コムローズ店長山本
ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

ライン@に友達追加してみませんか?天然石のコラムやお得な情報を定期的に配信しております♪石についての質問などもお気軽にお問合せくださいね。

comrose
友だち追加

-アジュロマラカイト(アズライトマラカイト)

© 2021